解消法 小学生の肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 小学生の肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

今、小学生の肥満が問題になっています。あまりに太りすぎていると疲れやすく小学生らしい運動にもハンディですし、なにより適正体重を大きく上回る体重はさまざまな生活習慣病を引き起こして、健康上の問題を生じることがあります。小学生というのは体の基礎ができあがる大事な…

小学生の肥満とは

今、小学生肥満が問題になっています。あまりに太りすぎていると疲れやすく小学生らしい運動にもハンディですし、なにより適正体重を大きく上回る体重はさまざまな生活習慣病を引き起こして、健康上の問題を生じることがあります。小学生というのは体の基礎ができあがる大事な時期です。この時期に引き起こした健康上の弊害は、大人になっても引きずるようなものも少なくありません。

また、染みついた生活習慣など大人になってから急に変えることは難しいでしょう。小学生肥満は、大人の肥満よりも深刻な問題です。なぜなら、小学生本人が肥満について無自覚であることも多いからです。子どもに過剰な自己管理を求めるのは酷というものでしょう。周りの大人が自覚的に取り組むべき問題です。

肥満は、生活習慣やストレスから生じる肥満であれば、大人の協力なくしては解決しない問題です。また、肥満の後ろに疾患が隠れていることもあります。その場合適切に病院を受診させるのは、保護者としての責務です。また、子どもの肥満については、家族全て一丸となっての理解と治療が必要です。

大人たちが少し太っているくらいが可愛いと思っているようでは、問題の解決にはなりません。甘やかしてお菓子を与えるおじいちゃん、おばあちゃんの優しさは時として子どもに悪いように作用します。また、そのくらいの思春期の子どもは太っているとまわりの目を気にして、無理なダイエットに取り組もうとすることもあります。

小学生の肥満の特徴(症状)や原因

小学生肥満の原因は、だいたいが生活習慣によるものといえます。おやつを過剰に食べたことによって3食の食事が食べられなかったり、ファストフードなどのジャンクフードばかり食べていたり、夜更かしをしたりといったことが主な原因であることも多いです。また、食事制限でいらいらした子どもを相手にしたくないということから、親が折れがちなのも問題になります。

よく食べる子どもは非常に可愛らしくうつります。また、お腹が空いたと訴える子どもには非常に心が痛みます。忙しい時、ファストフードを与えるのは非常に便利です。子どもを太らせるのは楽な道です。ですが、健康を損なうようではやはりどこかでストップをかけないといけませんし、それは周囲の大人の役割です。

子どもも、止めようと思っているのについつい食べ過ぎてしまう、自分では止められないなんてこともあります。きっちりと一線を引いて、この問題に取り組まなくてはなりません。子どもの肥満はだいたいが「甘やかし」からきます。過剰なストレスが過食の原因になることもあります。異常だと感じた場合は、病院を受診するのもおすすめです。

子どもの肥満に関して、子どもを責めるのは筋違いです。原因はほとんど親にあります。だからといって親が下手に出る必要はありませんが、「どうしてこんな簡単なことができないの」などと言ってはなりません。大人にも肥満に悩んでいる人は多くいて、ダイエットもなかなか成功しない場合も数多くありますよね。

小学生の肥満の対策

まず、生活習慣の見直しが必要になりますが、これには家族の協力がどうしても不可欠です。同居している家族、全てが同じ意識を持つ必要があります。おじいちゃんおばあちゃんなど、特に孫の可愛さから食べ物を与えてしまうことがあります。一人が悪者になって、一人が甘やかすような構図は絶対に避けたいところです。

また、これ見よがしにダイエットしている子どもの前で食べ物を食べるのも無論、神経を逆なでするでしょう。できれば明るく前向きに、みんなで「痩せてみよう」という意識でいられるのが一番良いです。また、病院を受診するのも手でしょう。いまでは肥満で病院を受診するのも何ら大げさなことではなく、そして病院にきちんと行くことで「肥満は病気で、深刻に考えている」というしるしにもなります。

子どものダイエットに非協力的な家族にお医者さまからガツンと言ってもらうための受診もアリでしょう。医師に適切なダイエット方法を教わることで、無理なダイエットをしなくてもすみます。出来れば褒めることです。太っているから可愛くない、などと言ってもダイエットする気にはなりません。

「痩せてきて可愛いく(かっこよく)なったね」だとか、なるべくプラスの方向に褒めることで良い方に誘導しましょう。ダイエットはストレスがかかります。できるだけ、周囲が良い形でサポートできるように頑張りましょう。体重が適正になれば服の選択も増えるし、よいことづくめです。

小学生の肥満の解消方法

小学生肥満の解消にいちばん向いていない方法は食事を抜くタイプのダイエットです。過度な食事制限は、育ちざかりの子どもの身体に深刻なダメージを及ぼす場合があります。1食抜くタイプのダイエットはリバウンドもしやすく、おすすめできません。また、フルーツだけのような偏った食事も良くありません。必要な栄養素をしっかりとれるように、食事はきちんととりましょう。

量を減らしたり、おかわりをなくしたり薄い味付けにしたり、野菜中心の食事にするのが良いでしょう。やめるなら絶対におやつなどの間食です。また、運動させるのも良いダイエット方法ではありますが、肥満タイプの子は運動が苦手である場合が多いです。

本人が希望しているなら全く問題はありませんが、無理に習い事をさせても運動が嫌いになるだけで終わってしまうかもしれません。常識的な距離なら学校まで送らないでウォーキングさせるとか、週末親子で遊ぶとか、遊びを取り入れつつも本人の意思の沿うようにして運動を促すのが効果的です。自転車など買って与えるのも良い手ですね。

公園などで友人と遊ぶというのも良い傾向です。強制するのではなく、そういう環境をつくるのに努めるのがおすすめです。たくさん運動すれば、バランスさえよければある程度までたくさん食べても健康上の問題はありません。たいていの子どもはたくさん動きます。活動できる最低限のエネルギーは念頭に置いてダイエットをしましょう。

小学生の肥満のまとめ(未然に防ぐ方法など)

小学生肥満を解消するためには、やはり周りの理解と努力が欠かせません。小学生の中では、往々にして肥満は大きなハンデとなることが多いでしょう。女の子であれば、余計に人の目を気にするかもしれません。コンプレックスから無理なダイエットに走ってしまう子も多いです。肥満かどうかは誰かの主観ではなく、身長から割り出した適正体重ではかります。

「大丈夫、可愛い」なんていうのは慰めにもなりません。深刻な健康の被害をもたらしてしまうのは「甘やかし」の範囲では済まされないことです。小学生肥満は、解消するよりも防止する方がとても楽です。健康的な食事と適正な運動、規則正しい生活である程度はしっかりとした身体を作ることが出来るはずです。

一度好きに食べていてから食事制限がかかるのでは、子どもの苦しみも並大抵のものではありませんし、それを見ている大人だっていい気はしません。子どもが喜びがちなジャンクフードに安易に走ることは危険です。子どもの喜ぶことは、たまに子どものためにならないものもあります。子どもが可愛かったら、どこかで制限しないとなりません。

当たり前になってからその習慣を改めようとすると、多大な負担がかかります。子どもの頃だけではなくて将来にわたって、小さなころに身についた生活習慣というものは多かれ少なかれその人を作ってゆきます。大人になってから後悔のないように、きちんとした習慣をプレゼントしてあげましょう。

s

解消法 テレビを見ながら二段尻を解消する対処方法や対策・原因...

顔であったりプロポーションの基本としては前になります。ですから顔の見た目であったり、正面から見た時によく見えるようにする...

Close-up of a senior woman wearing cervical collar with eyes closed in the medical office

解消法 首のねじれを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

最近どうしても、首や肩が痛いと感じている人は、ただ凝っているだけではないかもしれません。もしかしたら、首のねじれが原因で...

Close up of annoyed tradeswoman covering her ears against chalkboard on brown wallpapered wall

解消法 嗅覚障害を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

風邪をひいてしまい、鼻が詰まるとニオイもわかりにくくなります。体調が回復したのに、ニオイの感覚が戻らないといった、風邪を...

2-0460-0105

考える癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

物事を深く考えすぎて、なかなか結論が出せなかったり行動に移れないという人がいます。考えることは悪いことではありませんが、...

2-0255-0080

解消法 テニスボールで肩こりを簡単に解消する対処方法や対策・...

日常生活を送っていると様々なストレスにさらされます。本人は意識をしていないが、いつの間にか緊張状態にあったり、多くのプレ...

b

現実逃避の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

現実逃避の癖とは今起こっている困難から逃げようとする癖を指します。具体的には学校の勉強が嫌、人間関係が嫌だからという理由...

0027-0096

解消法 ホームシックを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

人は生まれた時から家族に囲まれた賑やかな環境で過ごします。生まれた時から一人だという人はいません。当たり前のように母親が...

Single woman in frustration

負け癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

負け癖とは、選択や決定を間違えやすく不利益を被る機会が多い事や、勝負事や競争等で中々勝てない事を言います。スランプの様な...

Man in scarf  stuping  towel to head

解消法 お酒を飲み過ぎた後の頭痛を解消する対処方法や対策・原...

年末年始や一週間の終わり、給料日など飲み会が絡む時期は、どうしても二日酔い気味でしょう。お酒からの頭痛は基本的に飲みすぎ...

2-0223-0002

解消法 1分でできる肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

肩こりとは、基本的には肩から背中にかけての筋肉が固くなっていることで起きることです。実はアジア人の特有と言われていること...

0023-0083

解消法 トイレの臭い...

不快な臭いがいろいろありますが、トイレの臭い不快な臭いの...

2-0229-0015

解消法 イチゴ鼻を解...

鼻の毛穴の部分に脂分、古くなった角質などが溜まっていて黒...