解消法 産後の腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 産後の腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

出産は女性にとってとても大変な事です。出産した後も色々体の悩みが出てきてしまいます。今日はその中でも産後の腰痛についてお話しましょう。産後、赤ちゃんのお世話で悪戦苦闘している時期に、腰に痛みを感じてしまう人もいます。今は自分のことよりも、赤ちゃんのお世話を…

産後の腰痛とは

出産は女性にとってとても大変な事です。出産した後も色々体の悩みが出てきてしまいます。今日はその中でも産後腰痛についてお話しましょう。産後、赤ちゃんのお世話で悪戦苦闘している時期に、腰に痛みを感じてしまう人もいます。今は自分のことよりも、赤ちゃんのお世話を優先したい時期なのに、なんで腰が痛くなってしまうんだろうと困ってしまう人もいるでしょう。

産後はお母さんの体が元の体に戻ろうとしている大切な時期です。出産で開いてしまった骨盤が、一生懸命元の位置に戻ろうとしています。その為、痛みを感じてしまうお母さん達もたくさんいます。しかし、毎日育児に追われ奮闘しているお母さんにとっては自分の事は後回しにしてしまう人が多いので、ついつい腰痛をそのまま放置してしまう人も多くいます。

お母さんの体は自然と元に戻ろうと頑張っていますが、必ずしも元の骨盤の状態になるとはかぎりません。歪んだままになってしまっては、体の色々な部分に症状が出てくる可能性があります。その為、つい忙しくて放置してしまう産後腰痛ですが、しっかりケアをする事が大切です。

だからといって子育てをおろそかにするわけにはいかないので、どんどん治療するのを遅らせてしまうお母さん達も多くいます。産後腰痛は出来るだけ早い時期から治療を開始した方が早く治す事が出来るので効果的です。どんどん後回しにすればするほど腰に負担がかかってしまいますし大変です。

産後の腰痛の特徴(症状)や原因

そんな産後腰痛ですが、最初にあげたように出産で開いた骨盤の歪みが原因です。出産で開いた骨盤は、ガタガタ不安定な状態になっています。運動などよくしていた人は、筋力があるので歪みの回復が早いですが、筋力が低下している人ではなかなか歪みを回復することが出来ずに腰痛を引き起こしてしまいます。

また、赤ちゃんを抱っこして移動したりあやしたりしていると、どうしても腰に負担がかかってしまいます。そうなってしまうと、余計腰痛が長引いてしまうことになるでしょう。症状としては、寝返りを打った際に腰が痛んでしまったり、歩くだけでも腰に痛みが走る場合もあります。また、ちょっとした動作をするだけで痛みが出てしまったり、ひどい人では歩くのも困難になってしまう人もいます。

そんな産後腰痛を放置してしまっては大変です。また、赤ちゃんをあやしたりしていると、どんどん症状がひどくなってしまう場合があるので早めに対策する必要があります。産後は精神的にも体力的にもとても大変な時期ですが、そんな時に腰痛が悪化してしまい歩くだけで痛みが出てしまっては赤ちゃんのお世話をするのも余計大変になってしまいます。

また、最初はそれほど痛みを感じなくても今まであまり使用しなかった筋肉を使ったり、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこして出掛けたり、かがんだりする動作を繰り返して行くうちに徐々に痛みが出てしまう場合もあります。そうならない為にも、普段からしっかり腰を守る必要があります。

産後の腰痛の対策

では産後腰痛にならないようにする為にはどのようにすれば良いのでしょうか。産後腰痛になってしまわないようにする為には、骨盤ベルトを使用する方法があります。骨盤ベルトを使用すると骨盤をしっかり固定する事が出来、腰をサポートする事が出来ます。また、骨盤ベルトでしっかり骨盤を固定する事で、骨盤の歪みを防ぎ、左右均等に骨盤を支える事が出来るので、腰痛予防に大変効果的です。

産後出来るだけこの骨盤ベルトを使用する事で、腰痛になりにくい体を作る事が出来ます。また赤ちゃんに母乳やミルクをあげる際は、授乳クッションを使用すると腰への負担を軽減する事が出来ます。慣れない授乳はとても大変です。無理な体勢で授乳していると余計腰痛を引き起こしてしまいます。

その為、赤ちゃんの下に授乳クッションを置いて、その上で赤ちゃんにミルクをあげましょう。またこの授乳クッションは座る際、腰への負担を軽くする事も出来ます。椅子などに座る際、腰の後ろに使用する事で腰の痛みを和らげる事が出来ます。またエクササイズも効果的です。

長時間同じ姿勢をしていると余計腰痛を引き起こしてしまうので、軽くエクササイズをする事で腰痛になりにくい体を作りましょう。エクササイズの方法としては、床に四つん這いになり、背中を丸めたり伸ばしたりしていきましょう。腰と背中を大きく動かすことで、背中や腰回りの筋肉が動き、血流が良くなり腰痛を予防する事が出来ます。

産後の腰痛の解消方法

ではもし腰痛になってしまった場合、どの様に解消すれば良いのでしょうか。腰痛になってしまったら、出来るだけ体を温め血行を良く腰痛を和らげましょう。お風呂から上がったら、腰の下にタオルを丸めた物を敷いて、横向きに寝てみましょう。そうする事で、痛みを少し和らげる事が出来ます。また食生活も大切です。カルシウムは腰痛を和らげてくれる効果があります。

カルシウムが多く含まれる食事をとったり、体の温まるものを食べるようにしましょう。また、腰の痛い部分にホットタオルをあてる方法もあります。電子レンジなどを利用してホットタオルを作りましょう。その際、やけどしないように注意が必要です。ホットタオルで患部を温める事で、腰痛を和らげる事が出来ます。

またマッサージ店に行って骨盤の歪みを解消してもらうのも良いでしょう。プロにしっかりマッサージしてもらう事で腰痛を軽減する事が出来ます。また軽いストレッチも腰痛解消に効果的です。仰向けに寝て膝を曲げ、左右にねじる運動をするのも効果的です。またあぐらをかいて、床に座り、体を右左とひねって行きます。

深呼吸しながらゆっくり行いましょう。ただしあまり無理をしない程度にしましょう。腰痛がひどくなってしまったらすぐに辞めましょう。あくまで軽くストレッチする程度で大丈夫です。産後のお母さんの体はとても疲れた状態にあります。その為。あまりあせらずにゆっくりストレッチなどを進めて行きましょう。

産後の腰痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

この様に、産後腰痛になってしまうお母さんはたくさんいます。しかし、やはり出産後はたくさんやらなければいけない事が多いので、つい自分の事は後回しにしてしまいがちです。しかし腰痛は重症化してしまったら、育児にも支障が出てしまいかねません。その為には、普段からしっかり予防する事が大切です。それは妊娠中からも予防する事が出来ます。

出来るだけ体を冷やさないように心がけ、食事バランスも気をつけましょう。また骨盤を支える為の骨盤ベルトも出産前から使用する事が出来る物も販売されているので、是非そういったものを上手に利用しましょう。腰痛は未然に防ぐ事で、ならないようにする事が出来ます。

産後解消しようと思っても、なかなか時間が取れないお母さんもいるかもしれません。そうならない為にも、早めの対策が必要です。出産後不安定になっているお母さんの体には、様々なトラブルが起こりがちになっています。自分よりも赤ちゃんが優先になってしまう為、気付いた時にはかなりひどい状態になっていたと言うことになりかねません。

そうなってしまうと治るまでにも時間がかかってしまうので余計大変になってしまいます。その為、出来るだけ早い段階で対策を取っていきましょう。子育てはとても大変です。やはりお母さんは赤ちゃんを一番に考えてしまいます。その為、腰痛になってしまってはなかなか赤ちゃんのお世話も出来なくなってしまいます。是非しっかりケアしていきましょう。

SONY DSC

おなかぽっちゃりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

男女は関係なく体のパーツで気になる部位といえば、おなかのまわりです。手足は細くても、以外にいるのは、おなかぽっちゃりのタ...

pixta_4742566_S

解消法 お尻のたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

お尻がキュッと引き締まっているとかっこいいです。でもそういうことは長続きしないです。全身を映す鏡に映る自分の姿にほれぼれ...

Y

寝る時の鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

寝るときに鼻がつまるという経験を持つ人は多いかとされますが、それはさまざまなことから起こるとされています。特に鼻炎を持つ...

2-0218-0375

解消法 風邪からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

風邪を引き始めるのは早ければ秋の始めころのことがあります。ちょうど夏から秋へ季節が変わる頃急に気温が下がることがあります...

P

解消法 即効で妊娠の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

女性は男性と違って妊娠をして出産をします。遺伝子としては男性のものも子供に影響させることができますが、今のところは男性が...

2-0344-0315

解消法 低気圧からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

気圧の変化によって気象が大きく変わることがあります。よく言われるのは低気圧は雨をもたらす、高気圧は晴れをもたらすなどです...

2-0282-0134

解消法 下肢のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

現代社会に生きていると、日本では食べたいものが豊富に食べることができて、そして過食に走ってしまう人も多くいます。食に関し...

2-0389-0027

だるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

しっかり眠ったはずなのに前日の疲れがあまり取れていない、肩や腰、関節などに違和感がある、など明確な症状はないのに何となく...

2-0483-0059

抱き癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

抱き癖とは、赤ちゃんの頃に抱っこすれば泣き止む・大人しくなるというようなひとつの赤ちゃんの性質のようなもので、特に過去か...

2-0284-0140

解消法 夏のだるさを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

一年の中で最も熱い季節”夏”。この夏に体調の変化やだるさを感じてしまう人も多くいるのではないでしょうか。夏のだるさといえ...

2-0487-0076

髪をいじる癖を解消す...

気が付くと髪をいじっている。他人に指摘されて気が付く。髪...

2-0418-0090

先延ばし癖を解消する...

先延ばし癖というのは、その名のとおりに何かやらなければな...