解消法 夏疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 夏疲れを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

日本には四季があります。夏は6月から8月までで北海道でも30度を超えることがあります。南に行くほど暑いイメージがありますが、これまでの最高気温に関しては内陸部で記録されています。それも冬には非常に寒くなると言われる地域で記録されることがあります。盆地と言われる…

夏疲れとは

日本には四季があります。夏は6月から8月までで北海道でも30度を超えることがあります。南に行くほど暑いイメージがありますが、これまでの最高気温に関しては内陸部で記録されています。それも冬には非常に寒くなると言われる地域で記録されることがあります。盆地と言われる地域位において40度近い気温になることがあり、そういったことが続けば体にダメージも与えられてしまいます。

盆地以外には都市部でも気温が上がりやすくなる事情があります。ヒートアイランド現象があり、コンクリートやアスファルトが熱を反射しやすいのが原因のようです。東京や大阪が沖縄よりも暑くなるのはそのためのようです。都市部において気温が暑くなりますから、その暑さの影響を受ける人が多くなります。

夏疲れは暑い夏のダメージによるもので、早い人は夏になった途端出ることもあります。また最も暑いとされる7月から8月にかけて出てくる場合、更には9月の残暑のころに徐々に出てくることもあります。気温による事情があるため、比較的涼しい地域では出にくくなります。

北海道や東北、信州地方は夏でも涼しく過ごすことができるため疲れるほどのことはありません。また九州や沖縄は南部に位置しますがさわやかな暑さのためにそれほど体調をくずすようなことはありません。その地に住み続ける人が多いですからどこが住みやすいかについてはわかりにくいですが、他の地域に行くとより地元の暑さを感じやすくなります。

夏疲れの特徴(症状)や原因

夏疲れの特徴としては夏に出てくることです。他の季節に出ることはありません。夏は暑いですから汗をたくさんかきます。またクーラーのきいた所にいたり、外の暑い所に出たりを繰り返すことがあります。この状態があまり良くないのですが、夏はこのようにして過ごさないといけません。建物に入るとクーラーがあり、外にでると暑さがありになります。

ちょうどいい温度の所にずっと居続けることが難しいです。だるい症状になり、何もする気になれません。食事が好きな人でも食欲がわかないので食事を取りにくくなります。少しでも食べやすいものとのことで冷たいもの、麺類などを食べることが多いようですが、あまり冷たいものを食べ過ぎると症状がより悪化することがあります。

かき氷を食べたり、飲み物に冷たすぎるものを飲むようになるので、体の内臓を冷やしてしまって胃腸が弱ってしまうことがあります。栄養分がとれなくなって動くのも辛くなります。ひどい状態になると汗をかけない状態になることがあります。本来は暑いときには汗をかき、涼しいときには汗がひきます。

夏は暑くて当たり前で汗をかく準備ができていますが、クーラーなどに長時間いると汗をかく時間が少なくて汗をかきにくくなると言われます。汗がかけないと外に出て暑くなっても汗が出ないので体温調整ができなくなって外で倒れてしまうことがあります。あまりクーラーに当たりすぎるとなりやすくなるので注意しなければいけません。

夏疲れの対策

夏疲れの対策としては、適度に水分補給をすることがあります。水分補給としてよく行うのはのどが渇いてから水などを飲む方法があります。夏以外の季節であればそれでも良いかもしれませんが、夏の場合は汗がどんどん出ます。飲んでいる時にも汗が出てどんどん水分が失われています。水を飲んだかからそれがすぐに汗になるのではなく、水分が体に吸収されてやっと汗に変わっていきますから一定の時間が必要になります。

そのことからも喉が渇く前に水分補給をしなければなりません。方法としては喉が渇く渇かない関係なく10分に一度は水分補給をするなどします。飲む量は一口程度です。それを10分毎、15分毎に行うようにします。

そうすれば定期的に水分補給が行われるので、体に水分がある状態になってしっかりと汗をかくことができます。水分補給として良い水分としては日本のミネラルウォーターとされます。海外のミネラルウォーターであればミネラル分の少ない軟水と呼ばれるタイプを利用します。こちらであれば水分の吸収がしやすくなるとされています。

水分補給のときには水だけでなく塩分が少しあると良いとされます。汗は水だけでなくミネラル分も体外に排出されています。体の中のナトリウムが減っていますから塩分も少し補うと良いとされます。塩分に関してはあまり摂り過ぎると脱水症状になるので適度にしておきます。スポーツドリンクを薄めたものなどは適度に塩分が含まれています。

夏疲れの解消方法

夏疲れになった時の解消方法としてはしっかりと食事を取ることがあります。症状として食事を取りにくい、胃腸が弱っている状態があります。冷たいものを取り過ぎているためにそのようになっています。しかしだからといって何も食べないのはもっと体を悪くします。食事に関してはできるだけ冷たいものを控えます。胃腸が弱っているので刺激の強いものも控えます。

あっさりしたもので温めたものを食べるようにします。雑炊などに野菜や肉類、魚類などを入れたものであれば食べやすい上に栄養もしっかり取ることができます。栄養を取ることが出来れば少しずつ活動もしやすくなってきます。

冷たいものを飲んだり食べたりするのを控えるようにするのも重要です自宅であれば冷やした麦茶、ジュースなどがありそれらに更に氷を入れて飲むようなことがあるかもしれません。どんどん体を傷めてしまいます。お茶であれば熱くなくてもいいですから人肌ぐらいに温めたものを飲むようにします。お酒では冷たいビールを飲みたいところですが飲み過ぎに注意をします。

解消方法としてはお酒は適度に飲むのは良いとされます。それは食欲がわくのにいい影響を与えるからです。しかし冷たいビールを何杯も飲めばどんどん体を冷やします。またアルコールは利尿作用が強いですから水分を奪います。ビールは缶ビール一本ぐらいを適度に冷やして飲むようにします。日本酒などであれば冷えているものよりも温かいものが良いかもしれません。

夏疲れのまとめ(未然に防ぐ方法など)

夏疲れを未然に防ぐ方法としては日常生活においてクーラーに頼り過ぎないことです。オフィスにおいては自分の都合でクーラーの利用を制限することは難しいですから仕方がないですが、自宅においてはある程度行えます。昼間にいるときなどはクーラーではなく窓を開けたり扇風機の風などを利用して過ごします。そして適度に汗をかきながら生活をするようにします。

うちわや扇子を利用して涼しくなるようにするのもいいかもしれません。飲み物に関しては冷たいものを飲み過ぎないようにします。暑いところで飲む場合にはそれなりに冷たくても良いですが、クーラーのきいているところで冷たいもの、氷の入っているものなどを飲む、冷たく冷えたそうめんやスイカなどを食べたりすると胃腸が冷えてしまいます。

胃腸が冷えると体の体温も下がって働きが悪くなります。クーラーがきいているところでは飲み物や食べ物は温かいものを食べるようにします。野菜においては体を冷やすものと温めるものがあるとされます。それをうまく利用すると良いとされます。

温める野菜と冷やす野菜をうまく組み合わせると、体の中で体温がちょうどいいところで維持されるようになります。冷えにくくなって、夏の疲れに関してもそれほど感じさせなくなります。クーラーばかりのところにいる人は汗をかく機会が少なくなります。自宅において汗をかく方法としてはお風呂があります。ぬるめのお湯にしっかり浸かって汗を出すようにします。

2-0360-0351

解消法 背中の凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

背中の凝りとは、そこに色々と問題があるから発生していることです。病気であることもありますが、単なるちょっとした疲労である...

2-0248-0068

解消法 スムージーで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

健康の問題は、生活習慣と関係しているので、なかなか難しい問題を含んでいます。肥満は悪い状態ということは知識としては十分に...

Portrait of woman suffering from headache while man quarreling at home

解消法 イライラで頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

解決法 風邪をひいたり、ストレスをためたり、単純に頭をぶつけるなどの理由で頭痛が発生することは多いです。ただ、それが頭の...

2-0336-0283

解消法 足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

正常な状態でありますと特別むくみなどを起こす様なことはありませんが、長い時間立ち続けた場合や、同様に長い時間椅子などに座...

2-0039-0167

解消法 胸焼けを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間の体には色々なことが起こりますが、それも生きているために起こるので、それぞれの対処を間違いなくすることができれば、大...

2-0353-0339

解消法 妊娠のつわりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

妊娠すると女性の体には様々な症状が現れてきます。その中に”つわり”があります。この妊娠のつわりとはどの様なものなのでしょ...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

2-0346-0326

解消法 頭痛が続くのを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

普段の生活でも健康管理には注意を怠れないものですが、大体は何らかの体の異常が起こってから、動き出すもので、健康管理でも同...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

2-0181-0081

解消法 テニスボールで首こりを解消する対処方法や対策・原因・...

体がまっすぐになっているかゆがんでいるかについて分かる人がいるでしょうかおそらく多くの人は自分がどのような状態なのか意識...

2-0040-0168

解消法 筋肉太りを解...

筋肉太りというは、簡単に言えば、脂肪が筋肉に入り込んだと...

2-0260-0097

解消法 ぽっこりお腹...

ぽっこりお腹とは中年男性に一番多く見られる体型で、まるで...