解消法 下腹部の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 下腹部の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

若い頃は食事もしますが運動もします。どんどん食べても体を動かしているのでそれが脂肪として付くことは少ないかもしれません。それが年齢を重ねると少し事情が変わってきます。食べる量が同じで、体を動かす量が少しずつ減ります。それが影響しているのか徐々に…

下腹部の太りとは

若い頃は食事もしますが運動もします。どんどん食べても体を動かしているのでそれが脂肪として付くことは少ないかもしれません。それが年齢を重ねると少し事情が変わってきます。食べる量が同じで、体を動かす量が少しずつ減ります。それが影響しているのか徐々に太り始めます。スポーツなどをするときにも若いときにはこれだけのことをしたけどももうこの歳だからと遠慮することがあります。

無理をしないようになってきます。でも食べる量が変わらないのでどんどん脂肪としてついてしまいます。この時に起こる状態として下腹部の太りがあります。体においては、食事をするとそれをいろいろな用途に使います。エネルギーにしたり、筋肉や血液の材料などにします。

エネルギーに関してはすぐに使う分もあれば使わない分もあります。使わなければそのまま排出されるかですがそうはなっていません。人はかつては狩猟など必ずしも常に食事が出来る状態ではありませんでした。そのために食事をとって使わないエネルギーに関しては体の中にためておけるようになっています。

脂肪としてためておき、必要なときにそれを使えるようにしています。今ではこの脂肪については不要ではありますが、まだためる性質が残っています。体に脂肪がつくときには脂肪がつきやすいところもあればそれほどつかないところもあります。つきやすいところとしてあるのが下腹部です。内臓など重要な臓器があるからかも知れません。

下腹部の太りの特徴(症状)や原因

下腹部の太りの特徴としてはぽっこりとお腹が出た状態になります。赤ちゃんなどは結構このような体型になることがあります。子供についてはそれほど気にはなりませんが、大人の場合は結構気になります。ちょうどウエスト部分に当たりますあら、ズボンであったりスカートなどのサイズに影響します。前の年にはけていたズボンなどが履けなくなることがあります。

ズボンだけでなくシャツなどにおいても切れなくなることがあります。伸びるタイプのものなら良いですが、伸びないタイプ、ボタンで留めるタイプの服になるとそれらを着ることができなくなることがあります。歩くときや走るときにはお腹を突き出すようにして走ることがあるので決して格好良くはありません。

スタイルを気にする人にとってはあまりよい状態ではありません。この部分が太っていることによって特定の病気になるわけではありません。ただしこの部分の脂肪が増えてくるとメタボとして診断されることがあります。将来生活習慣病になる可能性が高いとして一定の指導を受ける必要が出てきます。

原因は食事と運動が大きく関係します。人は活動によってカロリーを消費します。そのカロリー以上に摂取する場合にそれが脂肪として付くことになります。カロリーにおいても特に炭水化物や脂肪分です。これらを摂取しているのに、それを消費するだけの運動や活動をしていないとどんどんこの部分に脂肪がついてきて太る状態になっていきます。

下腹部の太りの対策

下腹部の太りの対策としてはまずは食事の制限をする必要がありそうです。若いころと同じような食事の仕方だとどうしてもカロリーオーバーになりがちです。自宅であれば食事のコントロールがしやすいですから、量を少しずつ減らすとか、油の量を減らす、炭水化物の量を減らすなどの工夫を行います。食事においてはタンパク質の量を減らさない、逆に増やすことも必要になります。

肉や魚はカロリーが高いのであまり食べないほうがいいと考えている人がいますが、肉の中には多くの良質のタンパク質があります。これによって筋肉や重要な組織が作られます。肉を食べないために筋肉が作られなくなって基礎代謝が落ちると余計に脂肪が落ちにくくなって太る原因になります。

外食に関してはメニューとして決まっていますからコントロールがしにくくなります。自分で少し勿体無いですが残すようにすることが必要になります。ご飯が出てくれば茶碗の半分しか食べない、ラーメンであれば麺を少し残すなどです。スープは非常においしいお店もありますがすべて飲み干すと塩分もカロリーも高いのでレンゲに一口二口程度にします。

食事以外には運動習慣を身につけるようにします。運動を改めて行おうとすると大変ですから、日常生活で運動量が増やせるようにします。簡単なのは通勤において歩く量を増やすことです。これまであまり歩いていないのであれば歩くようにすることで脂肪の燃焼を増やすことができて太りにくくなります。

下腹部の太りの解消方法

下腹部の太りの解消方法としては、まずは自分独自でダイエットをすることがあります。食事制限、運動などをうまく組み合わせるようにすると下腹部にたまった脂肪を少しずつ燃焼することができるようになります。しかし一人で継続して行っていくのは大変なこともあります。何らかのサービスを利用することで解消することができます。

運動をすることができる施設としてはスポーツジムがあります。こちらにおいてはインストラクターがいますから、その人に相談をしてメニューを作成してもらいましょう。ランニングをしたり、腹筋をしたりといろいろなトレーニングを組み合わせて下腹部の脂肪が落とせるように指導をしてくれます。ちょっとした食事のアドバイをしてくれることもあります。

男性も利用できますが、女性が利用しやすいサービスとしてはエステサロンがあります。こちらにおいてダイエットコース、痩身コースが用意されています。太っていることを悩んでいる人に対して、一定の施術を行ってくれます。お腹まわりのマッサージをしたり、電気的な刺激を行うことで脂肪の燃焼を促します。

こちらの利用はエステによる効果と、生活指導を組み合わせることで行います。エステだけで痩せられるよりも、日常生活で食生活をどうする、運動習慣をどう付けるかのアドバイスをしてもらえます。更に簡単に解消する方法は美容外科の利用です。外科的に脂肪を取り除く方法です。脂肪吸引や脂肪溶解を利用する方法もあります。

下腹部の太りのまとめ(未然に防ぐ方法など)

下腹部の太りで未然に防ぐ方法としては、ズボンやスカートをきちんと履けるように心がけることです。30歳を超えるようになると前年のものが履きにくくなります。1度そのようなことがあったときには太り始めていると気づいて対処をするようにします。もうそんな年齢かと納得してしまうと翌年も前年のものが入らなくなり、その次も同様になりどんどん増える一方になります。

来年こそはその前に着ていた服が着られるように、無駄にしないようにと考えるようにすると太るのを防ぐことができるかもしれません。異性にみられている意識を持つことも必要です。30歳ぐらいになると結婚をしている人は基本的には配偶者しか気にする人がいなくなります。

すると体型を気にしなくなる人がいるようです。すると下腹部に少しずつ脂肪がついてきて、あまり人に見せられるようなスタイルでなくなってしまいます。夫婦でお互いに意識をするようにして、おしゃれをして定期的に出かけるなどを取り入れるようにすると、お互いのスタイルを気にしあえるかもしれません。

そうすれば下腹部が太ってくることも少なくすることができます。もし太ってきたとしても、それをお互いに指摘し合うようにします。誰にも言われなければ何もしませんが、誰かに言われるようになれば少しはなんとかしようと考え出します。独身の人であればみられていないと考えると出てきてしまいますから、いつも若々しくしてみられる意識をもつようにします。

2-0168-0242

解消法 食材でむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

むくみとは、医学的に言えば浮腫(ふしゅ)と呼ばれる状態です。これは細胞と細胞の間にある水が、体が受け入れられないほどに増...

2-0019-0129

解消法 運動でぽっこりお腹を解消する対処方法

日本人の生活は戦後から非常に豊かになり、食べ物に困るようなこともほとんどないと言えるでしょう。また、食生活の欧米化も進み...

2-0348-0330

解消法 内臓から来る腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

内臓からくる腰痛は、日常生活ではどうしても起こる健康上の問題という人も多いようですが、確かに人生のなかで、何度か経験して...

2-0252-0074

解消法 ツボで肩凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

仕事をしている時に、なんとなく無意識の内に肩に手をやってしまっているという人も多いのではないでしょうか。そんな肩凝りには...

Depressed young business man holding his head at office

解消法 うつ病から回復する為の悩みを解消する対処方法や対策・...

うつ病とは心の病になっており、精神的な病でもかなり重たい症状になっています。どんな人間でも発症する可能性を秘めている病気...

2-0425-0015

婚約を慰謝料で解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚約とは文字通り結婚の約束のことです。お互いに誠意を持って将来結婚しようという約束をすれば、婚約は成立します。しかし法律...

2-0142-0376

解消法 風邪からの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

冬にかかる病気として風邪があります。なぜ冬に多くなるかですが風邪ウイルスが多く発生するからでしょう。冬に発生する風邪ウイ...

2-0069-0231

解消法 笑いでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

学校などにいる時はそれほど緊張感がなかったかもしれません。自宅にいるときなども同様です。それが社会人になって仕事をするよ...

Physiotherapist examining and treament injured leg

膝熱を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

膝に炎症が起きてしまうと段階をふんで症状が進行していきます。膝熱というのはその段階でも第二段階あたりから起きてくるもので...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

Woman lying on couch with shopping bags at home in the living room

解消法 足のだるさを...

若い頃は通勤の時に階段を一段とばしで走ったり二段飛ばしに...

0019-0066

解消法 ストレッチで...

夏バテと言う言葉は良く聞きますが、実は”秋バテ”があるの...