脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の一つです。他に「抜毛症」や、「抜毛狂」とも呼ばれています。髪の毛が自然と薄くなってしまう脱毛や、円形脱毛症とは違い症状です。思春期や幼児期の…

脱毛癖とは

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の一つです。他に「抜毛症」や、「抜毛狂」とも呼ばれています。髪の毛が自然と薄くなってしまう脱毛や、円形脱毛症とは違い症状です。思春期や幼児期の子供に起こりやすく、環境の変化や大切な人との別れ、家庭環境や学校のストレスから発症しやすくなります。

小さな子供の場合は自分自身で気が付くことが少なく、親や周りの大人たちの指摘で気付くことがほとんどです。髪の生え際や髪の毛が短い部分である前頭部や、側頭部を抜いてしまうことが多いです。本人も無意識のうちに髪の毛を抜いてしまうので、円形脱毛症などと勘違いすることがあります。

まつ毛や眉毛だけでなく、わき毛や陰毛に症状が現れることもあります。食毛症を同時に発症している人も居て、自分の髪の毛を食べてしまうこともあります。精神的な障害に分類されているので、大きなショックやストレスが原因で発症します。

指しゃぶりや爪を噛む行為と同じように何度か繰り返され、これらの症状を同時に持っていることもあります。カウンセリングや心理面での検査などを行い、原因やストレスを探していきます。軽い症状の持ち主なら自分自身で症状や癖を理解することができ、精神的な問題を解決するだけで症状が改善します。重い症状や重度のストレスがある場合は原因を取り除いても改善することが難しいので、長期間の治療で改善させるようにします。

脱毛癖の特徴(症状)や原因

症状は健康な髪の毛や毛を抜いてしまうことで、ほとんどが無意識に抜いています。一度抜き始めると手が止まらなくなり、特定の場所ばかりを抜いてしまいます。それによって一つの場所だけ薄毛になってしまい、見た目にも影響を与えます。健康な髪の毛が自然に抜け落ちると毛根の部分は白っぽくなりますが、無理やり引き抜いている場合は傷が付いています。

頭皮を傷つけることで生え変わりの速度を緩めてしまったり、二度と髪の毛が生えない毛根になります。抜毛症の原因ははっきりしていませんが、ストレスや不安、セロトニンが不足していることが原因とされています。ストレスや不安が溜まった状態でいると精神的な衝動を抑えられなくなり、無意識に髪の毛を抜いてしまいます。

小さな子供や思春期の子供は学校や家庭環境、社会人になると職場のストレスや人間関係の不安から起こります。さらに日々のストレスだけでなく、何か大きな出来事によって引き起こされることもあります。身近な人の死や、大きな恐怖から発症する人も居ます。

このような精神ストレスが増加すればするほど、髪の毛を抜く回数や数が多くなります。また脳内のセロトニンが不足していると不安を感じたり、イライラしてしまったりするので抜毛症の原因となります。ストレスを発散させるために髪の毛を抜き、快楽や刺激を求めます。髪の毛を抜くことで手軽にストレスを解消することができ、続けて抜いてしまいます。女性の場合は、白髪を抜いていたところから始まることもあります。

脱毛癖の対策

抜毛癖の対策は、まず物理的に髪の毛を抜けなくすることです。物理的に髪の毛を抜けなくなると癖がなくなり、薄毛になりにくくなります。頭に大きめのタオルを被せて、髪の毛を抜く行為をしにくくします。無意識に髪の毛を抜いている人が多いので、頭に手があたった瞬間に異変に気付くことが出来ます。

一度冷静になって物事を考えることが出来る時間ができ、手を止めることが出来ます。また症状が長期化してしまったときは思い切って坊主にして、かつらやウイッグで過ごすようにします。髪の毛が全くなければ抜く毛もないので、対策になります。髪の毛を一つでも抜いてしまったらまた坊主にするなど、ルールを作ることも効果的です。

小さな子供など無意識に髪の毛を抜いてしまう癖があるときには、抜いてしまう前に一言声を掛けるようにします。「抜いてはダメ」「危ない」など上から目線や恐怖心を煽るような言葉は避けて、優しい言葉を選ぶようにします。言葉が咄嗟に思いつかないときには抱きしめたり、手を取ってあげたりするだけでも対策になります。

本人は自覚がないので、まず髪の毛を抜いていることも気付かせてあげることが対策の一つになります。自覚がある大人なら自分で抜いてしまった回数や、本数を記録するようにします。数字で確認することで危機感を持つことができ、積極的に癖を治すようになります。自分の頭皮の状況もこまめに確認するようにして、脱毛癖をしっかり意識するようにします。

脱毛癖の解消方法

解消法は精神的なストレスや問題を取り除くだけでなく、和らげることや他のストレス発散方法と切り替えることが大切です。様々な方法やアプローチ方法がありますが、まずは自分自身に脱毛癖があるということを自覚するようにします。また自覚することで症状が改善する人も居ますが、信頼出来る医師の診察を受けることも重要です。

脱毛癖があることも自覚し、精神的なストレスや問題と向き合えるようにします。信頼出来る医師を見つけることで安心感を得ることができ、ストレスを軽減させることが出来ます。思春期など難しい年代だと恥ずかしいという気持ちから医療機関に行きたくないときには、まず親だけで受診するようにします。

いくつかの病院に行ってセカンドオピニオンを受け、子供に合う医師を見つけるようにするとスムーズです。ストレスの原因が分かった場合は、身近な人たちが積極的に本人の話を聞くようにします。本人の悩みを共有したり、ストレスの原因となる環境を変えてあげる努力をします。さらに精神的なストレスや問題だけを治療するだけでなく、薬物療法も行います。

セロトニンが不足している場合はセロトニンを増加させる薬を処方してもらって、脳内物質のバランスを整えます。セロトニンが増加すると髪の毛を抜きたい衝動を抑えることができ、回数を減らすことが出来ます。これだけでは根本的な解決法にはならないので、ストレスの解消と同時に薬物療法を行うことが大切です。

脱毛癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

脱毛癖を未然に防ぐためには、まず大きなストレスを抱えないようにすることです。環境の変化やショックな出来事があっても落ち込んだりせずに、前向きな思考回路に切り替えるようにします。悩みやショックなことがあったら自分の中に溜めこまず、誰かに相談するようにします。髪の毛を抜く以外のストレス解消方法を見つけて、上手にストレスを発散させるようにします。

自分の好きなことを見つけて、楽しい時間を過ごすようにすることも大切です。それでも効果がないときには思い切って原因となる環境を変えたりして、我慢せずに対策を行うことが大切です。さらに髪の毛を抜いてしまうようになってしまったら、すぐに医療機関に相談するようにします。

早い段階で症状に気付けば完治も早いですし、本人も苦労せずに改善することが出来ます。カウンセリングや薬物療法も行って、根本的な原因を探りながらしっかり治すようにします。どうしても頭に手が行ってしまう場合はタオルを巻いたり帽子を被ったりして、髪の毛を無意識に抜けない状況にします。

家族や身近な人たちも症状や病気をきちんと理解して、優しくサポートします。髪の毛を抜いてしまったことに怒ったり、落ち込んだりしないようにします。本人も髪の毛を抜いてしまって落ち込んでしまったときや、気持ちが不安定なときでも諦めずに寄り添うようにします。言葉が見つからないときには抱きしめたりして、一人じゃないことを伝えます。周りのサポートがあれば、完治する時期も近くなります。

BLD006168

解消法 あぐら鼻を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

動物にはそれぞれ鼻があるとされます。鼻の目的は臭いをかぐ、呼吸をするなどがあります。動物によって嗅覚のレベルは異なり、人...

2-0396-0021

姻族関係を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

婚姻関係とは、法律上夫婦と認められた関係であり、戸籍法により、届出することが要件です。結婚式を挙げたり、事実上夫婦として...

Alluring female lips

唇をなめる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

口元は人間の顔のパーツのでも、よく目に付く部分です。人との会話では、常に口元は動いていますし、話を聞いている時にも、人の...

2-0075-0240

解消法 食べ物で疲れ目を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

毎日仕事をしていて、目が疲れたなと感じたことはありませんか。誰でも一度や二度、そんな経験をした事があるのではないでしょう...

2-0106-0302

解消法 断食を行う時の悩み解消する対処方法や対策・原因・特徴...

断食とは文字通り食を断つことで、元々は宗教的な修行ということから始まったのだろうと考えられますが、今でも宗教によっては、...

Woman with headache against black background

解消法 雨から来る頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

雨が降ると喜ぶ人がいます。それは花粉症の人です。花粉に関しては天気がいい日などに舞い散りやすくなりますが、雨の時には花粉...

C

解消法 怒りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

怒りとは、どの人でも経験したことがある感情の一つです。その感情は、小さな子供から年配者まで、だれでも持ち合わせています。...

Young woman wearing leggings

解消法 レギンスで足のむくみを解消する対処方法や対策・原因・...

足がむくむと普段使用している靴を履いた時に窮屈な感覚があります、これは足の血流が循環されていないサインです。顔や手がむく...

2-0465-0006

ツボで不安を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

不安というのは心が落ち着かないで、気がかりで仕方がない状態です。心に心配の思いが溢れてしまい、やらなければならないことさ...

Woolen socks

解消法 足先のひえを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

冬に寝るときにはどのような格好で寝るでしょうか。寝るときの服装としてはパジャマを着ることが多いかもしれません。比較的汗を...

2-0487-0076

髪をいじる癖を解消す...

気が付くと髪をいじっている。他人に指摘されて気が付く。髪...

2-0094-0280

解消法 即効で便秘解...

体に必要な物はどんどん取り入れられます。一方で不要なもの...