顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全体的に体温が上昇していて熱感が生じている状態です。これは通常何らかの原因によって血行が良くなり起こる症状なのです。お風呂上がりやアルコールを…

顔のほてりとは

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全体的に体温が上昇していて熱感が生じている状態です。これは通常何らかの原因によって血行が良くなり起こる症状なのです。お風呂上がりやアルコールを摂取した時に感じるほてりは普通ですが、あまりにも身体の熱が冷めず、めまいがするものなどは危険があります。

また、顔は全身で最もほてりを感じやすい場所になります。これは顔に毛細血管が張り巡らされていて、比較的皮膚も薄く表面から血管が近いことや、心臓に近いなどの要因があります。顔のほてりは感じたことがない、という方を探すほうが難しいぐらい誰にでも起こりうる現象であります。

風邪や熱などの体調不良で起こるものや、お風呂上がりののぼせ、飲酒や緊張、興奮などで起こるものはまず、心配ありません。しかし他の症状を併発していたりする場合は病気を疑う事も有り得ます。長期の不調や不安がある方は一度病院で診てもらうといいでしょう。また、年齢的なものもあります。

更年期障害ではよく顔のほてりが起こることもあります。ほてりについては特に女性に多いものですが、先ほども述べたように、心配要らないようなものから何らかの病気による誘発など、その原因は様々あります。気になることや、いつもと違うと感じることがあれば、自己判断で放っておかずに受診することも解決するための目安としておきましょう。

顔のほてりの特徴(症状)や原因

ほてりを感じる原因は様々です。まず、よくあるのが日焼けやお風呂上がり、運動など身体を動かしたあとに起こるものです。日焼けは一種のやけどで、皮膚の表面が軽度のやけどを負った状態になるのです。皮膚の表面が赤くなり、ヒリヒリと感じるのもほてりの一種です。また、お風呂上がりや運動後も体温が上昇して血行が良くなり、ほてりを感じるのです。

また、ストレスや精神的緊張、興奮した状態などでも起こります。緊張状態になると自律神経のうちの、交感神経が活発になり血圧が上昇、汗が分泌され顔がほてってくるのです。そして女性ホルモンの影響によって起こるものもあります。

特に出産後や更年期あたりは女性ホルモンのバランスが大きく崩れて自律神経に影響を与えてしまうので、血圧などに変化をもたらしてしまいます。妊娠や更年期だけでなく、生理不順や子宮や卵巣に疾患がある方でも起こりやすくなります。それ以外に病気によって引き起こすこともあります。風邪やインフルエンザ等発熱を伴うものは顔や身体にほてりを生じます。

これは大多数の方が経験したことがあるかと思われます。高血圧の方が非照りを感じやすいこともあります。このように原因は様々ありますが、一般的には男性よりも女性に多いのがほてりの特徴ともいえるでしょう。そのどれもが特徴として顔が赤くなる、体温が上昇するなどが挙げられますので、顔がほてってきたと感じるときは分かりやすいのではないでしょうか。

顔のほてりの対策

顔のほてり対策としてはいくつかありますが、まず、日焼け防止をしましょう。身体の内側からのほてりではなく、日焼けは身体がほてる大きな原因ともなります。長時間直射日光に当たれば身体に熱がこもり、結果、ほてってしまうからです。日焼け止めを使用するなどして対策しましょう。他に食生活の改善も対策するための効果があります。

ほてりを起こさない体づくりを内側から行うのです。体内の代謝を高める栄養素は効果的です。ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜や乳製品、魚介類などを積極的に摂取するといいでしょう。普段の食生活から気をつけていればほてりにくい身体になっていきます。基礎期正しい生活も大事です。

生活リズムや睡眠時間など、規則正しい生活を送ることで病気になりにくく、健康的になることが目的です。疲れやストレスはホルモンバランスを崩しやすいのでむくみやほてりの原因になってしまいます。出来る限り規則正しい生活リズムを習慣付けましょう。ほてりの対策はイコール健康的な生活を送ることにあります。

体調が優れないときほど顔のほてりが起こってしまうからです。また、寒い日などに顔が赤くなって恥ずかしいと思う方は身体を冷やさないように、しっかりと防寒することです。皮膚が外気に触れるとどうしても赤くほてってしまいがちなのでマフラーやマスクなどで顔を覆うことも対処法の一つです。顔以外に身体が冷えても顔がほてりやすくなりますので腰や肩にカイロを貼るなども効果的です。

顔のほてりの解消方法

解消法として、温度療法があります。ほてっている箇所は熱を帯びていますので冷やすことでそれが解消されます。しかし冷やしすぎてもいけません。血行不良が原因で起こることもあるからです。熱を帯びている箇所の周辺は逆に温めて血流を良くするほうがいいでしょう。そうなれば有効なのがマッサージです。

血流の滞りを改善するために、周辺のマッサージを行うことで血流が良くなります。特にお風呂上がりなど身体が温まっているときは更に効果が高まります。また、食生活の改善も体内の新陳代謝を高めることでほてり解消に繋がります。ビタミン、ミネラルが豊富な緑黄色野菜や乳製品、魚介類などを積極的に摂取することで普段からほてりにくい身体が作りあげられます。

しかし、症状がひどい場合には病院に行くことをおすすめします。ホルモンバランスが崩れていたりするときは自分ではどうしようもありません。ほてりの原因が病気からくるものであれば原因疾患を取り除かなければほてり解消に繋がりません。

女性の場合は更年期障害や子宮に関する疾患から現れる症状かもしれないので、婦人科にかかるといいでしょう。また、漢方に頼る方法もあります。漢方はその人の体質や自覚症状に合わせて生薬を配合し、身体の不調を改善していくものです。

自身の自然治癒力にまかせる方法ともいえるでしょう。効果に個人差があるので合う人と合わない人に分かれてしまいます。女性の月経トラブルや更年期障害では漢方が処方されることもしばしばあります。薬に抵抗がある方は漢方を試してみるのもいいでしょう。

顔のほてり解消のまとめ(未然に防ぐ方法など)

このように顔のほてりには様々な原因があります。自然に起こるものから病気疾患が原因で起こるもの、年齢的なものまで数多くあります。しかい、そのどれもが健康であれば未然に防げるものばかりです。規則正しい生活や、食生活の改善によってほてりを抑えることが可能でもあります。

もちろん何らかの疾患が原因の場合は治療や薬に頼らならければなりませんが、まずは健康管理から始めてみましょう。仙人のような生活は無理があるので、自分ができることから試してみましょう。血行をよくする、漢方を服用するなど自分のライフスタイルの合った方法を取り入れてみます。また、体力が低下すれば体調を崩しやすくなり、結果風邪などの病気を引き起こしてしまいます。

高血圧の方やストレスを多く感じる方にはリラックス効果のある漢方なども効果的です。また、ほてりに効果的なツボなどもあります。精神安定やストレス、緊張をほぐすリラックス効果のあるもの、疲労回復などツボの効果は様々です。漢方と一緒に取り入れてみるのもいいでしょう。

血流を良くしたり、食生活の改善などで改善されない、身体の不調が続くときは専門の病院で診てもらうことが先決です。特に女性の場合は女性特有の疾患も多く関係しているので、その場合は婦人科で受診しましょう。ほてりによる赤みが気になるときはメイクでカバーするのもいいでしょう。メイク下地にイエローベースを使用すれば赤みを自然に中和してくれるので、顔が赤くなってもあまり気にならなくなります。

Full length of a healthy and beautiful young woman in sportswear sitting in the park

解消法 ひざ痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体の中で最も使う部分の一つが足です。毎日歩くときに使いますし、立ち上がったりしゃがんだりするときにも使います。そういった...

ねこ

猫のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

動物であるがゆえに、猫も人間同様にストレスを感じることはあります。言葉では表現できなくても、おもに行動でストレスを受けて...

2-0394-0016

膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

膨満感とは、胃や腹部が膨らんで張ったり圧迫されているように感じる症状のことです。原因として多いのが飲み過ぎや食べ過ぎです...

2-0469-0017

飲み物で胸焼けを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

胸焼けとは胸の中心部分が焼けつくように感じたり、胸が締め付けられるように痛むなどの症状のある胃や食道などの不調のことで、...

2-0464-0005

顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全...

2-0440-0104

考え方の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

同じことが起きてもポジティブにとらえることができる人もいれば、ネガティブに考えてしまう人もいます。これは考え方の癖による...

Close-up mid section of a casual young woman with back ache sitting in bed at home

解消法 胃痛や腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

日常生活での健康管理ということでは、身体の各部位の痛みは常に起こることで、特に不規則な日常生活やストレスの多い仕事などを...

2-0409-0048

ディスク領域不足解消を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

パソコンを長期間使っているとデータやプログラムの数や量が増え、ハードディスクのドライブの容量が不足することをディスク領域...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が中年という年齢から起こってきます。10代20代ではなかった、下腹...

2-0325-0255

解消法 新生児の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

新生児の便秘と聞いて、驚く人もいるのでは無いでしょうか。実際に小さい赤ちゃんでも、なかなかうんちが出なくて、困るときもあ...

2-0052-0197

解消法 産後の腰痛を...

出産は女性にとってとても大変な事です。出産した後も色々体...

2-0461-0108

空想癖を解消する対処...

空想癖は、実際には存在しない物事を絶えず思い浮かべる癖で...