爪をむしる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

爪をむしる癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

爪を対象とした癖を持っている人がいます。他の人に迷惑をかけるわけではありませんが、爪を噛んだりむしったりする姿は幼稚な印象を与えてしまいます。せっかくきれいに着飾った女性でも、爪を噛んでいたりむしったりしている姿を見せてしまうと幼い印象を与えてしまうでしょう。しかし…

爪をむしる癖とは

爪を対象とした癖を持っている人がいます。他の人に迷惑をかけるわけではありませんが、爪を噛んだりむしったりする姿は幼稚な印象を与えてしまいます。せっかくきれいに着飾った女性でも、爪を噛んでいたりむしったりしている姿を見せてしまうと幼い印象を与えてしまうでしょう。しかし爪を噛む癖や爪をむしる癖は、本人は無意識のうちにしていることも多いです。

爪の形が悪くなったり、短くなりすぎたりしてしまうので、やめたいと思っているのに気づけば噛んだりむしったりしています。そして爪を噛んでいることに気づいても噛み始めたら止められないということもあります。爪を噛んだりしてしまう癖は、不安や緊張などが原因だと言われています。

赤ちゃんや幼児は指しゃぶりをすることがありますが、指しゃぶりをしなくなったと思ったら爪噛みが始まる子どももいます。爪噛みが自然になくなる子どもも多いですが、大人になっても爪を噛む癖が直らない人もいます。また無意識のうちに手や足の爪をむしってしまう癖がある人もいます。

爪は爪切りややすりを使って短くするものですが、実は簡単にむしることができるのです。爪をむしる癖がある人は、爪の上部がガタガタです。そしてむしってしまう時に深爪になりすぎてしまい、痛みを感じることもあります。爪が変形してしまうこともありますので、見た目が悪くなってしまいます。できるだけ爪噛みや爪をむしる癖は、解消するようにした方がよいでしょう。

爪をむしる癖の特徴(症状)や原因

爪をむしる癖がある人は、精神的な問題が原因と言われています。そのため子どもが爪をむしっていることを叱ってやめさせようとしても、なかなか難しいようです。不安や緊張、ストレスなどが原因になることが多いので、爪をむしっていることを叱ると、それがまた子どものストレスとなってしまうでしょう。

また子どもの爪をむしる行為は親からの愛情不足が原因になることもあるようです。親にとっては子どもに愛情をかけているつもりでも、忙しくてゆっくり会話をしたりする時間が少ない家庭では、子どもが寂しい思いをしている可能性もあります。時間があるときは、子どもの話をゆっくり聞いてあげる時間をとるなど親子の時間を楽しむようにしてはいかがでしょうか。

また大人でも爪をむしる癖がやめられなくて悩んでいる人は意外といるようです。爪をむしった後は、見た目が悪くなった爪をみて後悔するものの、どうしても爪をむしるのがやめられません。爪をむしるのは自傷行為の1つです。心の問題が原因で、自分の身体を傷めているのです。

爪をむしっているときは、爪をむしる行為が快感となったり気持ちが落ち着いたりするので、なかなかやめたくてもやめられないようです。伸びた爪を切るのが面倒で爪をむしっているわけではなく、爪をむしる癖をやめたいのに気づけば爪をむしることで心が安定しているということでしょう。しかし爪をむしりすぎて爪だけでなく指の形も悪くなることがありますので、爪をむしる行為をやめる対策をしたほうがよいでしょう。

爪をむしる癖の対策

爪をむしる癖がある人は、むしることをやめたいと思っている人も多いでしょう。しかしもう癖となっていて、無意識のうちにむしってしまっているので、爪をむしっているときは、人に指摘されるまで気づかないこともあります。もう爪をむしらない、という強い意志を持って少しずつ頑張っていき、徐々に止めることができるようになるならそれがよいでしょう。

しかし無意識のうちに爪をむしってしまい、毎回後悔している人もいらっしゃるでしょう。なかなか自分の意思で爪をむしる癖を止められない人は、病院で受診するのもよいでしょう。爪をむしる行為は心の問題が関係している場合が多いので、心療内科や精神科といった心の問題を相談できる科がある病院に行ってみるのがよいでしょう。

また、爪に異常が見られる場合は皮膚科を受診した方がよいでしょう。爪を噛む癖を持っている人も多いので、爪をむしる癖くらいで病院に行くのはどうかと感じられる人も多いかもしれません。しかし爪をむしる癖はなるべく早く治しておかないと、爪の見た目が悪くなって人前に手を出すのがためらわれるようになるでしょう。

特に接客の仕事などのように、人に手を見られる職業の人は、爪を清潔に保つことも大切です。ひどい深爪でガタガタになっている爪だと人に見せたくないようになるでしょう。どうしても自分の意志で爪をむしる癖をやめられないという人は、思い切って相談できる医院を受診してみてはいかがでしょうか。

爪をむしる癖の解消方法

爪をむしる癖がある人は、むしっているときは気持ちが落ち着くようです。リラックス法なのでしょうが、爪をむしる行為はやめた方が賢明です。見た目が悪くなってしまい、自分の手に自信が持てなくなります。爪をむしる癖の解消法ですが、女性の場合はネイルサロンを利用する方法もあります。爪をむしる癖がある人は、深爪になってしまいますので、指の形も悪くなってきます。

深爪や爪噛み、爪をむしる癖矯正をするため、自爪をジェルで強化して長さを出し、深爪を解消してくれるコースが設定されているサロンもあります。爪がきれいになると、人前で自信を持って手を出すことができますので、行動も積極的になるでしょう。

気分も明るくなればストレスも軽減され、爪をむしらなくても気持ちを落ち着かせることができるようになるでしょう。爪をむしる癖を解消して爪に自信を持ちたい人は、一度ネイルサロンでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。また、爪をむしる癖がある人は、爪のガサガサや爪周りの皮膚のささくれが気になってむかずにはいられないという場合もあるでしょう。

ささくれがあると気持ちが悪くてむいてしまい、血が出てしまうということもあります。これを防ぐには爪や爪周りの皮膚が気にならないように、オイルで保湿をして爪や手荒れを防ぐという方法もよいでしょう。また家の中では手の保湿を兼ねて綿の手袋をしておくと、ついつい爪をむしってしまう行為を解消することができます。

爪をむしる癖のまとめ(未然に防ぐ方法など)

爪を噛んだりむしってしまう癖は子どもの頃に始まる人が多いですが、その癖が大人になっても残っていて、やめたいけれどやめられないと悩んでいる人も多いようです。不安や緊張、ストレスなど精神的な問題が原因で爪をむしってしまうようですが、自宅で寛いでいるときに爪をむしってしまう人もいるようです。爪をむしると爪の見た目が悪くなってしまいます。

爪は清潔感があらわれる部位でもありますので、極端に短くガタガタの爪では初対面の人への印象が悪くなるかもしれません。また女性にとって爪はオシャレのポイントにもなりますが、爪をむしる癖がある人は短すぎて恥ずかしいと感じている人も多いでしょう。

爪をむしるやめたいのに自分でどうしてもやめられない人は、病院で相談するのもよいでしょう。爪をむしる癖は心の問題が関係していると言われているので診療内科などに行くとよいでしょう。自分でそれほど精神的にまいっていると思えない人は、心療内科に抵抗があるかもしれませんが、気づかないうちにストレスがたまっているのかもしれません。

また爪をむしりたくてもむしることができない状態にしてしまうのもよいでしょう。爪噛みの癖がある人用の苦いマニキュアがありますが、爪をむしる癖がある人は苦みがあっても関係ありませんので、ネイルサロンで爪をジェルで強化してしまうという方法もよいでしょう。また爪をむしることでリラックスできるという人は、他のリラックス方法を考えてみるのもよいのではないでしょうか。

2-0489-0079

二重まぶたの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

二重まぶたの癖というのは、意図せずまぶたが、いつの間にか二重になってしまい、それが癖となっているパターンです。もともと天...

2-0280-0127

解消法 右側の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

健康面の心配でも頭の関係は、その他にも影響しますので、なかなか厄介です。頭痛の場合には色々な部分が痛くなることで原因を知...

2-0260-0097

解消法 ぽっこりお腹を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ぽっこりお腹とは中年男性に一番多く見られる体型で、まるで小さな幼児のようにお腹が丸くぽっこりと前に突き出ている状態をいい...

2-0011-0065

解消法 ストレッチで肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特...

ボールを投げるスポーツにおいては肩が強い、肩が大事と言われることがあります。実際に使っているのは腕のようですがなぜそう言...

}œr_ù§28xdÂì'Ȩ"&•BG¾lb¬”’{¸ä™à“f®Ã·Ñ˜SÈ.‹•íi&»mH`RBò.>~QˆØVX¡‚[Yâ’42éÓ©ŠWcýÛWmŽôß6X2ÇúQq2FϓÕm55¹õîKX܍ˆâÄtÜxæÃa”ïÉǔ8ÉN«æ…Ú™6Ieìì"ŒÒGeS¨%¨3!SɚCiöÍuQ<xíZûr³(ñŸS®â£M.¤¯p°§Ù¥?erŸF`(ëÞsú”Qi0úÍã°cü±´~Ÿ³—Y„uiðEÙJtjIïï.%§:ˆãJRŠÄªÇ1ã”ݶðŠE*ܦ«)ˆŠ8ÂÜPÕ~%#Ù¹S#0x¶å^¤ÄŠÝ¦j3¼ž›·'Œòå×<¤Ê6øÐ碶àæp‹Сnä¥ŠÍЎý¹¥{@W&ð•ÈìZ8زuÙÎÀ}'@„dJg´¹X=}AÕ˜¨Æ•¯ò֛Ó2Åôh4ò¯4E%ÌîåZàuۘ?Ì?˜xfÃ8¹9¤Ö.ÍûÇêۜɉkMáœ<rÐX‹ŽþXS©Ú¹?˜ðÚ£józœ=NSu5û(ÎFrLB¸ó+J@îNcÛx’ÿÓk¼‰¯PGBŸ5ÈÞå›hÐ}[Y¼†CXùƒôHD‘šý4ÂEJ’93)ÖnH),‘„ǿ(ÇöZ¿g2¤GF Yµ¥Ò‰EÍ¿s3/ú‡Á½Úýœ¢XH-‚`²+7p€MZõÛà>àö̼V9†™ïÉmöŸêÆÆ	8±ý‡Ü}ù9â‘c÷¤Miz‹Â@¼ƒ¤Ò…©µi€æ™Qcz֓}rY.…Á§Xr{½7̘ši`þd²Òä[#w S,s BK'-åЮdÀ´È1«›K;g’8Ñe…á cÍû?eǏ¹—[I	}Ù6òðmš‚«àH閉0!.¢êDo3ŠŠôQݎVÒãÓNy¬Ç©'¹ÇŠ–š;{•e¹ R¿1ŠRàÓøb¶¹&5ûF¸i/ÿÔ7¾ÖíÒÕØ=H†4[æƒÃ|Ûª½Þ¦æµPHP̌­¢hº–µ¨C§i°™®§4tQݘöUÆRS§<ä+Ê0¶·P÷Òooøä~ûöQû#0'Ë›µÅˆ@PG]N+^َK’féÁ/!ÙFE²ŠTچ£BM¡à?h²ã†Ã)EÝÌîçà(	ÜV£UÝum9%µ¹1Ê[áŒý’;ä†è‘ –Zè×w÷ž¶©}"ïûµI]@ÿb_Ã,°Á Y6K+:.“mja‡WŒÎjğr¹&Å$3ØO„Ç'©ÝH=²(P,м‹ÎNj±ƒÑy0ˆö혹9¢Eé:®¢ÃIŒG.ÖÜ=SÔº)ï®FS<5ÜÑ[ªé¶‚P¥iÊ«§‡%Ó!^¦@ìšj¾[±Õ-ó£	­öyí)]ƒûKã—Q¾±k3£ïK®4rlmä,¦pŸU•ÆêÔ'Òo¤|9¡Åzýñ,„¨¢|»z÷öÚêA–kVôšUþò”Ø7óS'ŒÜj]?Ó"[	¼Z„Éj‚ÊH5;V¨hfª=<•Gû™òðŠdÒiœ,Ù¸—/štë$[y¬ÚŸ'÷‹òÄka¨ÅN	¶Õߙ´éœjJŽ¯U¯ó&͕äÕ¿س†£ô“½Ð,‚ksû@£³xeQÌo¼30Nní,o-"B|PH~ÔgØø{foˆ+“Gï-󞕬Z4†â!5¹¼2õŒ¼j~%o·jÉÃ`ŽÚâö%d@ü€ç±:šÔžÁ³'Œ€ÓûÖ/ÊNîO«+±ãþSƒè̈šŠ)}bÍÊy7•ýü°ÉZ)}¼Å›‘b*ˆõ©ÐáµTŽBÄW"SB¬L¦H$?ÿÕ&óźiZwÃ!/ҕë˜ÒË"˜ÀŠü˜ò­¾‘åhõ)GR_Uä#âXÏØAôf¿6K>çk¦ÇÃë&ew~Š–ùæ9.H	EΣùgl{V×lP‚Î")â,[SüÀÓ¢ªíØqRGߒ¶¹et¸šÕ.l©@ò;ø7ÙQôo˜ÙfLrZÝgXk?Nå"7¶òª˜U•6ëAã™Ŋe·üyÖâä+ØéѤlhÍZՆƼ¨rшõfeŒ)ÝùÃ̳†Š-f-³r%@‰¯ìí’ð@æZǯé8ÒnµµA¨Æ°Èßbê¾À3(²`v+oç‹ë)"Ðq¡4ñ¹‹’¸I)¥ÝýÚÚKÈ°Šá8+Ò Ž†žùˆIvô!£½Ñ­'ˆÖhÓf>Ýe˜ƒÚÁ¢É4kàÅe]™¾	ž¤Q–à•2ÆÅ+iVñÌóÛ¯ú=ÆÓÛ²Šÿ)ÉÏD¸£Ê_TC!#„ôþ$®Kx5’#Hæ¾'ª²ž†žÇ)^M¤ž¯VµKIoa·ã7ÁªAâ{åsÅÃ#GfPijê–2G®£'"U¤ª€jîPHå"ÙG¢Ñ ßÚÝ4r°p~(gá’3òïٗ)–šQ–ÿ鿜˜ä2'Iuc"T 4‘OòŸ‘ÌÍ>"7kË O$Zk#?ð9–8èF™ˆðí’B¢ÎGCŠQËÜáTdR…5ñ钪÷dlH1moUW®ù oÿÖåzïš%Õ­äi´˜e°5k­$q’º¡?ë0Ç v€[ê_¯‹Kmí…Dª(6P3LM»ñ[QóÜrŸP{ábK¾ót• j1ØPÒù,õ[¹’’©~>Ô®ù<…‰‘&n@µu­H£àŠÝDjÌ|ä$\š€v“g’c^;ùAqÎé}ȞÐ05îA‰fžN¿†KCnÑ»Y&…öâێQ·PÁxÿÁeR¡¿6l×B·0—q Þ¡žUˆF«/ü	jeP™‰?6d[Ñ,õH﬒hwwƒÖ ŠæÊøãý'XøO’DóAÅÁTNܝ[uV‰§zÁ–P	èäšIu[—’ÞHâQp±¢ ‘H5fj;ŠS¾Br"?Îe»´oNHˇRG]è(݉­	33#fúz‡,’ybÝ®[Ԟ9)»MÒ£6XexÕ8“d5ʓ™.¢·º[)ôgQʤ_æS^õÌ£FWRi$Tº&‘[¨žÞeY¡qözõÌÜf2w4ÁÂAq䵎ñ.ìݘDy*+|B¿²Aë÷å3Òméݲ9÷õ¡ZrvÙ0À¨«žT=zdŠ†_‡~Ù „A™¸ƒAR–莿vM­I£Z×&ÿ×óÍ´ŒC-v'0‹pFÚ3D|$Cÿ2$lÈs}-ӐŽ¥A¯Ìf‘è/™b¸nd3S¸n˜k§]¶¢8ÖJ8¹æl$lÁãÝèfæ"@¬ˆ#eíҝsW˜6‰…ãr"œ¿wÌô¦cÑ"ËcÔ㻆åãhɇ‘Vï·p2üTG=ÑȦ>WÒԁ䎐¡¨÷§s“‘evQRŸ/kbî3þôÙ¹Žµ¡d­¾Yll{܍V”ã5.äf‹¤i–´V éS‚r¶ˆDV¯ªéÖè2+ڙ]3”ÀaÚ¦¬ÍñFá¥yb%ëÐO¶N8ïÜÐfÌ?-^÷Ò»¸“d†ŠW¢»»·Oˆe9ˆ¡»Ó'ÔÒÚX '£È€ÜÕ_þ%Å3ƒ*H¯ÔÜLËYŒlHð&«ÿf9&öl™g“î͖ÂsýÒ`)_Ç.Òdá²Xe¥úåãFbºޞێ‡+Èz¦#¢ª2EoMÈ.Ê:±c–@l-ö6Q^IÔaªYX¨Ü­9+mÜW'(Æ&¤E‡B¶ˆ9Kh[”Dt;Ó+ˆä$ž½ìž+ˆÂåQvÐôŸ1hޝÚñ•~(nÒH¤e•»S.ž[Ô1ѧË÷–.,µ{Ñ4ª.íÔ©‰‚«HvÕÈÞ>'“«µ—c€g,?S±¿Yå¢"ÞdYV@UZð*Ou㙆¢‚U=òTůJbª²OHþY`bJiÃÇòɆ%&Ô}Rµ#ÄeÑ`_ÿÐó•¤ëMó†ÐQ‰r¢X©×šÿĆDòdï§c÷ßkú³Bô,S^Ü0ë]éŠC=ŒEx¢‰§r îMú–á‘£(ÙM&¹ÑeQ+'*ZîÔùd|>!Iât¨¸7ë$‹H£M€ô‡8k£l®ÕfßH¼A‚CÉM:ùÁ¹«êvš^…' Á.eONwØ·û—ÀY§kÙº_ 5éÔò©¯æ´5£•”Ÿ‰‡lÚBÍÎí1	,Úm¯«Ié¡<¦v¼k@XÓ~´Ê"éõ}˜pÀHËyw¨ù[S·E7w§!Rª(w¦Sâ_à‘ÍGJÒÀÔR29#7ÅâÔí«6Z¢kòß1‚£¢‚¼Ùê+UÌc2U±ëËۍKÌÑÛے݌—,:A]ÏÌå@[&bºbØirÞKþô]‘Å{¤IEæßhãÏ<ÁäãXåE'Ô/4ˆîR‘‘ØL(ž$0÷ý“šìÙ!pïþõËÇ	‘hÈþ¤Ð€R7w V¯A҄ìrè˜J=	j)…­¤‘±D=BUÈØûR£2qa1Þ½-3È׺Iæ$ŠGÔ·éÃ/JoÇ0µ±ˆÇø›ôĘÑ蓍ZææÖâÚcûä.úr½~ŒÅ蔮2æݓ‡þhi’Íz.ŸÐizü$„}ÝHû[­›M,Í89£»Ìn~©2ZÄk7ŸÖAƒ‹*/Ãé±!x~ÏÚ͈7ïqM|Ìn2¦Aö¸ŠíC¾Ù``V;ñAâ2AK«¢"4;åÑ	@ýqÌf†„dÄX’¡óP«Šƒ–p±ÿÑòÒ:ô9V‹²¹-w“ÖTðã!8ìYD٫Áaíé¨ü3šêô}Þ¬*IìFØU‰j’}Vœ¯4VdñSý¹Y›tië‡çL3w°©ô7°»_Z>òàkPvêÊg³` òO̗òYEeÏèF*OV=zïí˜3Ëü=G{Mü¿¤‹[q3|r1õ&ÿ*N òTo—ÄílK0Ômà»ÐmYyH¥8—p`jk—äŒey´Ä‘"º]ŒZ5‚ÊÈÊCJ|E‰Ì|Qݶ[ìʒÖ²±‚rwa$âÎyü(¹³ #~§ˆ’HäŒmR	/¥·ìPÌã§M€ú_ Ï†?ç"8ˆQÕ5ÈDÄP«ýN[•Ì8¶²–^ÁêP±Ì#€öµ˜™bQîoÇ#Â}êW

女装癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

女装癖とは、様々な弾性がある時女性的な装いに目覚め、それ以来女性がするのと同じようにメイクをしたりファッションを女性らし...

Brunette suffering from stomach pain at home in the bedroom

つぼで胃もたれを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

食べた物が胃の中にたまった感じがして胃が重く感じたり、むかむかしたかような不快な症状が現れるのが、いわゆる胃もたれです。...

2-0097-0288

解消法 足首のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ダイエットをしている女性のなかには足が太いことを悩みにしていることがあります。しかし、いくらダイエットをしてもなかなか足...

2-0261-0098

解消法 ほほのたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

ほほのたるみとは、皮膚の衰えによって、今まで上がっていた皮膚が下がりたるんでいってしまう事です。ほほのたるみという現象を...

pixta_5513239_S

解消法 お腹ポッコリを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

好きなお菓子を食べる習慣がやめられない人や、ついつい食事を食べ過ぎる人はお腹のポッコリが目立ちやすいです。体全体が太って...

ねこ

猫のストレスを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

動物であるがゆえに、猫も人間同様にストレスを感じることはあります。言葉では表現できなくても、おもに行動でストレスを受けて...

2-0479-0049

パソコンの容量低下の...

パソコンを使っていて何かしらの操作をしようとすると、「ド...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴルフダフリを解消す...

多くのアマチュアゴルファーにとって、大きな課題となるのが...