足裏痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

足裏痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

急に足の裏が痛い感じる人は「足底筋膜炎」の可能性が高く、足の指の付け根からかかとなどの部分に痛みを感じることがあります。この場合、足底筋膜に炎症が起きていて、小さな断裂を起こしてしまうため痛みが感じやすくなります。本来、足の裏にある足底筋膜が足にかかる衝撃を…

足裏痛みとは

急に足の裏が痛い感じる人は「足底筋膜炎」の可能性が高く、足の指の付け根からかかとなどの部分に痛みを感じることがあります。この場合、足底筋膜に炎症が起きていて、小さな断裂を起こしてしまうため痛みが感じやすくなります。本来、足の裏にある足底筋膜が足にかかる衝撃を守るクッションの役割をしてくれるのですが、ダメージを受け過ぎてしまうことで炎症が起こってしまいます。

どの部分が炎症を起こしているかは、歩くだけでなく触ったり押したりしても痛みが生じることで確認することができます。多くの人はかかと部分に痛みが起こりやすく、年齢問わず痛みの症状はあらわれます。

足底筋膜炎になりやすい人は、マラソンなどのスポーツをするひとや、立ち仕事などで足を酷使して使う人がなりやすい傾向があります。そのため、プロのスポーツ選手(マラソンやゴルフやバスケット、テニスなど)でも足底筋膜炎になってしまう人も多いです。この症状が出てしまうと、ドクターストップを余儀なくされることもあります。

また、足をそれほど使っていない人でも無理な運動や長時間歩くことで足の裏に痛みを感じることがあります。急激な運動をすることで、筋肉に負担がかかりすぎ耐えられなくなることで炎症を起こしてしまうからです。寝る前などに足の裏にしびれやピリピリとした痛みや、だるさのようなものを感じる事が多いのであれば、足底筋膜炎の兆候など思っていたほうが良いでしょう。

足裏痛みの特徴(症状)や原因

足裏痛みである足底筋膜炎の症状はいくつかあり、多くの人が見られる症状では「動きはじめが痛い」という症状す。朝に起き上がろうと一歩踏み出した瞬間に痛みが出たり、仕事などで座りっぱなしの状態から立ち上がり、一歩踏み出した時などに「ズキッ」とした痛みを生じることがあります。次にあげられるのが「歩いたり走ったりしているうちに痛くなる」ということです。

普通に過ごしている分にはあまり痛みは感じないけれど、歩いたり走ったりすることで足の裏に痛みが出てくるという特徴が足底筋膜炎にはあります。長時間歩くだけでなく、靴によっても症状が出てしまうことがあります。

底の低い靴やハイヒールなど足裏に負担がかかりやすい場合でも痛みが出る場合もあるので、痛みを感じやすい人は自分に合った靴を履くようにしましょう。他にも「足が地面に着く・離れる」という時に痛みが出る人もいます。歩いている時には痛みが出てこないが、階段などを使用したときに痛みが出る場合や「ずっと立ちっぱなし」にも痛みが出ることがあります。

地面が固い場所に長時間立ち続ける仕事をしている人に多いです。また、体重増加や加齢による筋肉の硬化などが原因の場合もあります。痛みの出方や症状は1人ひとり違いますが、痛みの原因をさぐり早めに対処していくことが大切です。痛みが出た時は無理をしないことも大切で、特にスポーツを行っている人の場合は医師などの判断に従っていくと良いでしょう。

足裏痛みの対策

足裏痛みは、同じような生活や行動をしていると再発や悪化してしまうことがあります。痛みが出てしまう原因をしっかりと自分で知ることが大切です。スポーツをする人であれば、スポーツシューズを変えることや、動作を見直すことで足裏痛みの対策・予防になるでしょう。足底筋膜炎になった場合、負担をかけすぎてはいけないので、徐々に連取していくことも大切です。

普段の生活の中で痛みを感じる人は、姿勢や歩き方に気をつけていきましょう。特に猫背で歩く人は、前のめりになり体の軸がぶれてしまうので、足裏に大きな負担がかかりやすくなるので、猫背で歩かないように心がけていきましょう。歩くときの靴も、自分の足のサイズあった靴を選ぶことが大切です。

つま先に負担がかかるハイヒールは、見た目は女性らしくキレイに見えますが、足裏には大きな負担がかかります。またハイヒールで体が支えきれずに猫背っぽく歩いてしまう人もいますので、そういう場合も足裏に負担がかかりやすく痛みが出る恐れがあるので気を付けるか、ハイヒールを履くことを控えるようにしましょう。

足裏の筋肉を鍛えすぎる必要はありませんが、足首のストレッチは効果的です。足首周りをストレッチすることで、血行が良くなるため足裏の硬さを改善・予防してくれます。足首だけでなく、ふくらはぎの筋肉を鍛えることも血行促進に効果的となるので、自分に合った靴を履き、階段を使用するなどだけでもふくらはぎを鍛えることができるでしょう。

足裏痛みの解消方法

足底筋膜炎の場合、足裏の「硬さ」が原因となっているので、硬さを取り除くことが大切なのですが、頻繁に症状が発症している場合は、足のツボを押すことやマッサージやストレッチを行うことは逆効果になる場合があります。症状が出た場合の解消法は安静にしていることが大切です。炎症部分を刺激してしまうと悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

また炎症と聞くと、冷やすことを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、足底筋膜炎の場合は冷やすのではなく「温める」ことが大切になります。足底筋膜炎の場合は、積み重なった疲労により痛みが出てしまうため患部を温めて血行を良くする必要があります。

血行を良くすることが解消法となるので、湯船にしっかりと浸かることや、足湯をするのも良いでしょう。足を冷やさないように靴下を履いたり、温湿布を貼るなども効果的です。また血流が下に行きすぎないように、立ちっぱなしや座りっぱなし状態は避けましょう。足を椅子の上にあげたり、寝る時にもクッションなどを利用して足を少し上げて寝ると、痛みの予防や改善にもつながりますし、また、浮腫みの改善にもなります。

また、足底筋膜炎の症状が出ている場合は刺激を与えることはよくないので、整骨院などで行う患部への電気治療は控えましょう。電気治療でも刺激を足裏に刺激を与え、より硬くしてしまう恐れがあります。硬さを取ることが大切なので少しでも早く改善したいのであれば、刺激を与えるような治療法は控えるようにしましょう。

足裏痛み解消のまとめ(未然に防ぐ方法など)

足裏痛みのひとつである「足底筋膜炎」は痛みだすと症状が長く続いたり、悪化や再発する場合もあります。足底筋膜炎を予防していくには、足の裏を硬くしていかないことが大切です。そのためには血行を良くしていくことが重要なので、足を冷やさないように注意して生活していきましょう。

足は毎日にように使う部位で、その分疲労も溜まりやすいため、毎日のケアが必要になります。血行を良くしていくには、シャワーで済まさず湯船に浸かることや、高齢の方で湯船に浸かりにくい(足が上がらず湯船に入りにくい)のであれば、足湯をすることや、冷房がかかった部屋などでは靴下を履くことが大切です。

特に痛みが出た場合は、冷やさずに温めることと、足に負担をかけないように刺激を与えないことが痛み改善には大切になります。痛みがある場合は、無理をしていくことが悪化させてしまうので、特にスポーツをしている人は治療に専念できる環境をなるべく作り、安静にすることが大切です。無理をすると痛みが長引いてしまう恐れがあります。

また、普段の生活でも、猫背にならないように姿勢に気を付け、足に負担がかかりにくい靴を履くことを心がけていきましょう。年齢は関係なく、誰でも発症する恐れがあるのが足底筋膜炎なので、体を温めたり、姿勢を良くすること、足首周りを柔らかく保つ事などを意識していくと、足裏痛みを予防していくことができるでしょう。肥満傾向がある人は、足に負担がかからないようにダイエットしていける生活を心がけていくと良いでしょう。

Woman with headache against lightning bolt

解消法 前頭部の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活では、色々なことが起こり、人間社会に住んでいるので、色々な人達がいることも確かで、そのことがそのまま人間関係のト...

G

解消法 寝るときの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特...

寝ている時に鼻づまりを感じた事はありませんか。寝ていても息苦しくなってしまって起きてしまったり、いびきをかいてしまった経...

2-0004-0040

解消法 カラオケでストレスを解消する対処方法や対策・原因・特...

人は段々と成長してくると、様々な人間関係を持つこととなります。それは、家族や親せきであったり、学校の中にいる友人であった...

Close-up mid section of a casual young woman with stomach pain sitting in bed at home

胃もたれを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

胃は身体の中でも大切な機能を持っていることになり、食事などをした際には食物を消化させることに役立つ機能を持っていることで...

}œr_ù§28xdÂì'Ȩ"&•BG¾lb¬”’{¸ä™à“f®Ã·Ñ˜SÈ.‹•íi&»mH`RBò.>~QˆØVX¡‚[Yâ’42éÓ©ŠWcýÛWmŽôß6X2ÇúQq2FϓÕm55¹õîKX܍ˆâÄtÜxæÃa”ïÉǔ8ÉN«æ…Ú™6Ieìì"ŒÒGeS¨%¨3!SɚCiöÍuQ<xíZûr³(ñŸS®â£M.¤¯p°§Ù¥?erŸF`(ëÞsú”Qi0úÍã°cü±´~Ÿ³—Y„uiðEÙJtjIïï.%§:ˆãJRŠÄªÇ1ã”ݶðŠE*ܦ«)ˆŠ8ÂÜPÕ~%#Ù¹S#0x¶å^¤ÄŠÝ¦j3¼ž›·'Œòå×<¤Ê6øÐ碶àæp‹Сnä¥ŠÍЎý¹¥{@W&ð•ÈìZ8زuÙÎÀ}'@„dJg´¹X=}AÕ˜¨Æ•¯ò֛Ó2Åôh4ò¯4E%ÌîåZàuۘ?Ì?˜xfÃ8¹9¤Ö.ÍûÇêۜɉkMáœ<rÐX‹ŽþXS©Ú¹?˜ðÚ£józœ=NSu5û(ÎFrLB¸ó+J@îNcÛx’ÿÓk¼‰¯PGBŸ5ÈÞå›hÐ}[Y¼†CXùƒôHD‘šý4ÂEJ’93)ÖnH),‘„ǿ(ÇöZ¿g2¤GF Yµ¥Ò‰EÍ¿s3/ú‡Á½Úýœ¢XH-‚`²+7p€MZõÛà>àö̼V9†™ïÉmöŸêÆÆ	8±ý‡Ü}ù9â‘c÷¤Miz‹Â@¼ƒ¤Ò…©µi€æ™Qcz֓}rY.…Á§Xr{½7̘ši`þd²Òä[#w S,s BK'-åЮdÀ´È1«›K;g’8Ñe…á cÍû?eǏ¹—[I	}Ù6òðmš‚«àH閉0!.¢êDo3ŠŠôQݎVÒãÓNy¬Ç©'¹ÇŠ–š;{•e¹ R¿1ŠRàÓøb¶¹&5ûF¸i/ÿÔ7¾ÖíÒÕØ=H†4[æƒÃ|Ûª½Þ¦æµPHP̌­¢hº–µ¨C§i°™®§4tQݘöUÆRS§<ä+Ê0¶·P÷Òooøä~ûöQû#0'Ë›µÅˆ@PG]N+^َK’féÁ/!ÙFE²ŠTچ£BM¡à?h²ã†Ã)EÝÌîçà(	ÜV£UÝum9%µ¹1Ê[áŒý’;ä†è‘ –Zè×w÷ž¶©}"ïûµI]@ÿb_Ã,°Á Y6K+:.“mja‡WŒÎjğr¹&Å$3ØO„Ç'©ÝH=²(P,м‹ÎNj±ƒÑy0ˆö혹9¢Eé:®¢ÃIŒG.ÖÜ=SÔº)ï®FS<5ÜÑ[ªé¶‚P¥iÊ«§‡%Ó!^¦@ìšj¾[±Õ-ó£	­öyí)]ƒûKã—Q¾±k3£ïK®4rlmä,¦pŸU•ÆêÔ'Òo¤|9¡Åzýñ,„¨¢|»z÷öÚêA–kVôšUþò”Ø7óS'ŒÜj]?Ó"[	¼Z„Éj‚ÊH5;V¨hfª=<•Gû™òðŠdÒiœ,Ù¸—/štë$[y¬ÚŸ'÷‹òÄka¨ÅN	¶Õߙ´éœjJŽ¯U¯ó&͕äÕ¿س†£ô“½Ð,‚ksû@£³xeQÌo¼30Nní,o-"B|PH~ÔgØø{foˆ+“Gï-󞕬Z4†â!5¹¼2õŒ¼j~%o·jÉÃ`ŽÚâö%d@ü€ç±:šÔžÁ³'Œ€ÓûÖ/ÊNîO«+±ãþSƒè̈šŠ)}bÍÊy7•ýü°ÉZ)}¼Å›‘b*ˆõ©ÐáµTŽBÄW"SB¬L¦H$?ÿÕ&óźiZwÃ!/ҕë˜ÒË"˜ÀŠü˜ò­¾‘åhõ)GR_Uä#âXÏØAôf¿6K>çk¦ÇÃë&ew~Š–ùæ9.H	EΣùgl{V×lP‚Î")â,[SüÀÓ¢ªíØqRGߒ¶¹et¸šÕ.l©@ò;ø7ÙQôo˜ÙfLrZÝgXk?Nå"7¶òª˜U•6ëAã™Ŋe·üyÖâä+ØéѤlhÍZՆƼ¨rшõfeŒ)ÝùÃ̳†Š-f-³r%@‰¯ìí’ð@æZǯé8ÒnµµA¨Æ°Èßbê¾À3(²`v+oç‹ë)"Ðq¡4ñ¹‹’¸I)¥ÝýÚÚKÈ°Šá8+Ò Ž†žùˆIvô!£½Ñ­'ˆÖhÓf>Ýe˜ƒÚÁ¢É4kàÅe]™¾	ž¤Q–à•2ÆÅ+iVñÌóÛ¯ú=ÆÓÛ²Šÿ)ÉÏD¸£Ê_TC!#„ôþ$®Kx5’#Hæ¾'ª²ž†žÇ)^M¤ž¯VµKIoa·ã7ÁªAâ{åsÅÃ#GfPijê–2G®£'"U¤ª€jîPHå"ÙG¢Ñ ßÚÝ4r°p~(gá’3òïٗ)–šQ–ÿ鿜˜ä2'Iuc"T 4‘OòŸ‘ÌÍ>"7kË O$Zk#?ð9–8èF™ˆðí’B¢ÎGCŠQËÜáTdR…5ñ钪÷dlH1moUW®ù oÿÖåzïš%Õ­äi´˜e°5k­$q’º¡?ë0Ç v€[ê_¯‹Kmí…Dª(6P3LM»ñ[QóÜrŸP{ábK¾ót• j1ØPÒù,õ[¹’’©~>Ô®ù<…‰‘&n@µu­H£àŠÝDjÌ|ä$\š€v“g’c^;ùAqÎé}ȞÐ05îA‰fžN¿†KCnÑ»Y&…öâێQ·PÁxÿÁeR¡¿6l×B·0—q Þ¡žUˆF«/ü	jeP™‰?6d[Ñ,õH﬒hwwƒÖ ŠæÊøãý'XøO’DóAÅÁTNܝ[uV‰§zÁ–P	èäšIu[—’ÞHâQp±¢ ‘H5fj;ŠS¾Br"?Îe»´oNHˇRG]è(݉­	33#fúz‡,’ybÝ®[Ԟ9)»MÒ£6XexÕ8“d5ʓ™.¢·º[)ôgQʤ_æS^õÌ£FWRi$Tº&‘[¨žÞeY¡qözõÌÜf2w4ÁÂAq䵎ñ.ìݘDy*+|B¿²Aë÷å3Òméݲ9÷õ¡ZrvÙ0À¨«žT=zdŠ†_‡~Ù „A™¸ƒAR–莿vM­I£Z×&ÿ×óÍ´ŒC-v'0‹pFÚ3D|$Cÿ2$lÈs}-ӐŽ¥A¯Ìf‘è/™b¸nd3S¸n˜k§]¶¢8ÖJ8¹æl$lÁãÝèfæ"@¬ˆ#eíҝsW˜6‰…ãr"œ¿wÌô¦cÑ"ËcÔ㻆åãhɇ‘Vï·p2üTG=ÑȦ>WÒԁ䎐¡¨÷§s“‘evQRŸ/kbî3þôÙ¹Žµ¡d­¾Yll{܍V”ã5.äf‹¤i–´V éS‚r¶ˆDV¯ªéÖè2+ڙ]3”ÀaÚ¦¬ÍñFá¥yb%ëÐO¶N8ïÜÐfÌ?-^÷Ò»¸“d†ŠW¢»»·Oˆe9ˆ¡»Ó'ÔÒÚX '£È€ÜÕ_þ%Å3ƒ*H¯ÔÜLËYŒlHð&«ÿf9&öl™g“î͖ÂsýÒ`)_Ç.Òdá²Xe¥úåãFbºޞێ‡+Èz¦#¢ª2EoMÈ.Ê:±c–@l-ö6Q^IÔaªYX¨Ü­9+mÜW'(Æ&¤E‡B¶ˆ9Kh[”Dt;Ó+ˆä$ž½ìž+ˆÂåQvÐôŸ1hޝÚñ•~(nÒH¤e•»S.ž[Ô1ѧË÷–.,µ{Ñ4ª.íÔ©‰‚«HvÕÈÞ>'“«µ—c€g,?S±¿Yå¢"ÞdYV@UZð*Ou㙆¢‚U=òTůJbª²OHþY`bJiÃÇòɆ%&Ô}Rµ#ÄeÑ`_ÿÐó•¤ëMó†ÐQ‰r¢X©×šÿĆDòdï§c÷ßkú³Bô,S^Ü0ë]éŠC=ŒEx¢‰§r îMú–á‘£(ÙM&¹ÑeQ+'*ZîÔùd|>!Iât¨¸7ë$‹H£M€ô‡8k£l®ÕfßH¼A‚CÉM:ùÁ¹«êvš^…' Á.eONwØ·û—ÀY§kÙº_ 5éÔò©¯æ´5£•”Ÿ‰‡lÚBÍÎí1	,Úm¯«Ié¡<¦v¼k@XÓ~´Ê"éõ}˜pÀHËyw¨ù[S·E7w§!Rª(w¦Sâ_à‘ÍGJÒÀÔR29#7ÅâÔí«6Z¢kòß1‚£¢‚¼Ùê+UÌc2U±ëËۍKÌÑÛے݌—,:A]ÏÌå@[&bºbØirÞKþô]‘Å{¤IEæßhãÏ<ÁäãXåE'Ô/4ˆîR‘‘ØL(ž$0÷ý“šìÙ!pïþõËÇ	‘hÈþ¤Ð€R7w V¯A҄ìrè˜J=	j)…­¤‘±D=BUÈØûR£2qa1Þ½-3È׺Iæ$ŠGÔ·éÃ/JoÇ0µ±ˆÇø›ôĘÑ蓍ZææÖâÚcûä.úr½~ŒÅ蔮2æݓ‡þhi’Íz.ŸÐizü$„}ÝHû[­›M,Í89£»Ìn~©2ZÄk7ŸÖAƒ‹*/Ãé±!x~ÏÚ͈7ïqM|Ìn2¦Aö¸ŠíC¾Ù``V;ñAâ2AK«¢"4;åÑ	@ýqÌf†„dÄX’¡óP«Šƒ–p±ÿÑòÒ:ô9V‹²¹-w“ÖTðã!8ìYD٫Áaíé¨ü3šêô}Þ¬*IìFØU‰j’}Vœ¯4VdñSý¹Y›tië‡çL3w°©ô7°»_Z>òàkPvêÊg³` òO̗òYEeÏèF*OV=zïí˜3Ëü=G{Mü¿¤‹[q3|r1õ&ÿ*N òTo—ÄílK0Ômà»ÐmYyH¥8—p`jk—äŒey´Ä‘"º]ŒZ5‚ÊÈÊCJ|E‰Ì|Qݶ[ìʒÖ²±‚rwa$âÎyü(¹³ #~§ˆ’HäŒmR	/¥·ìPÌã§M€ú_ Ï†?ç"8ˆQÕ5ÈDÄP«ýN[•Ì8¶²–^ÁêP±Ì#€öµ˜™bQîoÇ#Â}êW

女装癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

女装癖とは、様々な弾性がある時女性的な装いに目覚め、それ以来女性がするのと同じようにメイクをしたりファッションを女性らし...

Y

解消法 枕で首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

朝に起きた時に体に痛みが出ていることがあります。首の辺りです。横を向こうとしても向くことができません。反対側も同じような...

SONY DSC

解消法 女性の中年太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

美容ではアンチエイジングが中年の女性に人気がありますが、これはお肌の老化現象の悩みであり他にも女性の中年太りというのも美...

2-0360-0351

解消法 背中の凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

背中の凝りとは、そこに色々と問題があるから発生していることです。病気であることもありますが、単なるちょっとした疲労である...

2-0176-0044

解消法 くすみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

憧れの肌の色、理想の肌の色としては白があります。美白と言われる言葉があります。しろければ白いほど美しく見えるとされていま...

2-0348-0330

解消法 内臓から来る腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

内臓からくる腰痛は、日常生活ではどうしても起こる健康上の問題という人も多いようですが、確かに人生のなかで、何度か経験して...

s

解消法 生理前の眠い...

女性の生理は赤ちゃんを妊娠するためのものであり、月に一度...

Young businesswoman stretching hands in office

解消法 疲れによる眠...

お昼の2時頃になってくると眠気が襲ってくることがあるでし...