解消法 アロマでイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 アロマでイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

これと言って理由がないのにイライラしてしまう。そのような悩みを抱えている人も多くいます。とくに女性に多いようで、周囲の人にイライラしたり意味もなく八つ当たりをしてしまうこともあります。イライラは、誰もが一度は経験したことがあるはずですが、なぜそのような状態に…

イライラとは

これと言って理由がないのにイライラしてしまう。そのような悩みを抱えている人も多くいます。とくに女性に多いようで、周囲の人にイライラしたり意味もなく八つ当たりをしてしまうこともあります。イライラは、誰もが一度は経験したことがあるはずですが、なぜそのような状態になってしまうのか、心当たりのない人もいるようですが、実は、きちんと原因があります。

誰もが自分の理想があります。普段の生活でも、物事を自分の都合通りにしたいと考えます。しかし、自分が想像していたり期待していたような状況にならなかった場合、気が焦ったり自分の都合通りにしようとするために精神的なストレスがかかりイライラしてしまうことがあります。

具体的には、子どもが言う事を聞かなかったり成績が悪かったり、パートナーが自分勝手なことをしてもストレスになります。そして、最近では、仕事をしている女性も多く、職場の人間関係によるストレスも加わり知らず知らずのうちに攻撃的になってしまっていることもあります。イライラしてるときは、それほど感じなかった罪悪感や嫌悪感が、気持ちが落ち着いてくるとフツフツと湧いてきて、自分を責めてしまいます。

そしてそれが負の連鎖となってしまうこともあります。また、精神的な状況以外にも原因はあります。それは、ホルモンバランスの崩れです。とくに30代後半から40代、50代になってくると更年期に差しかかり自分ではコントロールができなくなることもあります。

イライラの特徴(症状)や原因

自分では、気づいていない人もいるようですが、さまざまな症状があります。まず、精神的なものが原因となっている場合です。家庭や仕事の人間関係などが原因となっている場合、いきなり怒り出したり、八つ当たりすることがあります。そして、普段よりも大きな物音をたてる人もいます。

このようなことから、イライラは、自分だけでなく周囲の人にも伝わってしまい、長く続く人は、いつも怒っている人と言うイメージを抱かれてしまうこともあるので、気をつけた方がいいようです。また、やっかいなのがホルモンバランスの崩れからくるイライラです。女性は、生理や出産など体の成長に合わせて女性ホルモンが体の中で作られています。

しかし、年齢が高くなるにつれて女性ホルモンが減少しホルモンバランスが崩れてしまいます。その結果、更年期障害になり、その症状のひとつとしてイライラするようになってしまいます。ホルモンバランスの崩れは、更年期だけではなく、最近では、若い女性にも見られるようになりました。よく言われるのが、生理前のイライラです。

月経前緊張症と言われ、排卵期や生理前に症状がひどくなりますが、整理後は、症状が出にくくなります。ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、自分の意志ではどうすることもできないため、無駄に子どもを叱りつけたりしてしまい、不安になってしまう女性もいるようです。しかし、精神的な原因もホルモンバランスの崩れが原因も、改善することができます。

イライラの対策

イライラの対策としての基本は、やはりリフレッシュです。例えば、仕事や家庭など人間関係が原因の場合は、ひとりになる時間を作ってみたり、趣味に没頭したり、ゆっくり休むことで改善されることが多いようです。最近は、なにかとストレスが多くなっています。ですので、そのストレスを取り除いてあげることで、気持ちも落ち着いて、色々なことが気にならなくってきます。

また、ホルモンバランスの崩れが原因の場合は、婦人科を受診すれば薬を処方してもらえます。薬は避けたいと思っている場合は、漢方の処方をしてくれる婦人科も増えています。また、体の冷えもよくないので、普段から運動をしたり体を温める食材を使った料理を食べたり、ゆっくりとお風呂に入るのも効果があります。

しかし、毎日そのようなことをするのが面倒だと感じる人もいますし、もっとナチュラルな方法で改善したいと考える人もいます。そこで、数年前から注目されているのが、アロマを使ったイライラの解消法です。アロマを使った方法は、難しいと思われがちですが、実は、とても簡単で、正しい知識があれば子供からお年寄りまで安心して使用することができます。

日本でも、ゆず湯に入ったり檜を使ったものが家庭にあったりと昔からアロマを生活に取り入れていましたが、アロマを行っていると言う認識は、それほどなかったようで、風習のように扱われていました。しかし、この20年ほどで、アロマと言う認識が広まりました。

イライラの解消方法

アロマを生活に取り入れて、イライラを解消させる方法としては、まず簡単なのが芳香浴です。アロマポットやデュヒューザーなどを使えば、アロマの香りが部屋中に広がり、気持ちも落ち着いてきます。もし、そのような物がない場合は、ティッシュに1滴たらすだけでも十分に芳香浴ができます。次に、もっとリラックスしたい場合は、お風呂に入れるのもいいようです。

お風呂はリラックスするには、一番の場所です。ですので、湯船に3滴ほど入れれば、リラックスでき寝つきがよくなるのでストレスが軽減されイライラも改善されます。アロマは、どの精油を使ってもイライラを改善させてくれる効果がありますが、その中でもとくに効果が期待できるのが、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウム、ローズです。

アロマと言えばラベンダーと言われるほど、リラックス効果が高い精油のひとつです。とくに寝室で使えば、寝つきがよくなります。次に、オレンジです。オレンジは、誰にでも好かれる香りです。気持ちを明るくしてくれる効果もあるので、落ち込んでいるときや自己嫌悪を感じているときなどに香りをかげば、気持ちが前向きになり、イライラも感じなくなります。

ホルモンバランスが原因のイライラには、ゼラニウムやローズがいいようです。ゼラニウムは、ホルモンのバランスをよくしてくれる働きがあるので、生理前や更年期障害が気になる場合に、使いたい精油です。また、ローズは、幸福感を与えてくれます。

イライラのまとめ(未然に防ぐ方法など)

イライラしてしまうと、ついつい自分がダメな人間だと感じてしまうこともあります。しかし、イライラしない人なんていません。ですので、そのような状態を早く改善させることが大切です。もし、自分だけで解決できないのであれば、周囲に助けを求めることで解消されることもあります。とくにホルモンバランスの崩れが原因の場合、なかなか理解されないこともあります。

同じ女性でも、症状が強い人もいれば弱い人もいます。ですので、ひとりでもいいので理解してくれる人を見つけて、相談することで気持ちも落ち着いてきます。イライラの解消にアロマを取り入れる場合は、きちんとした精油を使うことが大切です。確かに高価なものもありますが、それは信頼できます。

ですので、デパートなどのアロマテラピーグッズを扱っているお店で購入するすると安心です。わからないことは、店員の方に聞けばきちんと教えてもらえます。精油のパッケージに植物の学名がラテン語で書かれていれば安心です。ただ、どの精油も直接肌に塗るのはよくないので、きちんとオーガニックオイルなどで薄めて使うことがポイントです。

最初は、芳香浴からスタートすれば家族全員に癒しの効果があるので、イライラの連鎖を防ぐことができます。また、もし病気などで薬を処方されている場合は、一度医師と相談することで安全にアロマを生活に取り入れることができるようになります。リラックスすることができれば、笑顔の素敵な人になれます。

Close-up of a senior woman wearing cervical collar with eyes closed in the medical office

解消法 首のねじれを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

最近どうしても、首や肩が痛いと感じている人は、ただ凝っているだけではないかもしれません。もしかしたら、首のねじれが原因で...

2-0405-0041

おなかの張りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

おなかの張りとは、その呼び名のとおり、おなかが妙に張っているような感覚を感じる症状です。例えば妊婦さんであれば、妊娠中に...

BLD017835

鼻で笑う癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

鼻で笑う癖がある人は、一般的に自分の地位や立場をものさしにして他人を評価する癖のある人だと言えます。用語の言葉の意味とし...

2-0369-0383

解消法 便秘を解消し足のむくみを解消する対処方法や対策・原因...

健康管理では、体自体の状態を自分で観察する必要があり、自分の人生をほんとうの意味で幸福にするためにも、健康管理は非常に重...

2-0429-0050

パソコンのリソース不足を解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

リソースとは、CPUが処理速度や利用率、メモリの容量、ハードディスクの容量など指します。パソコンのリソース不足とは、アプ...

2-0096-0286

解消法 足むくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

靴を購入する時朝や午前中よりも午後、夕方が良いとされます。朝は起きたところの場合があります。寝ていたときには全身の血流が...

2-0430-0056

毛を抜く癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

毛を抜く癖はそれそのものは単なる癖として認識されていますが、頭皮の一部に毛がなくなるなど重症化すると抜毛症とよばれ自傷行...

2-0380-0409

解消法 離乳食で便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

可愛い赤ちゃんはいつも元気いっぱいです。そんな赤ちゃんが便秘で苦しがっていたらとても大変です。実は赤ちゃんも大人と同じ様...

2-0023-0137

解消法 下腹ぽっこりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

赤ちゃんは人間の姿においては可愛らしい状態の一つでしょう。動物でも赤ちゃんの時が可愛いと言われることがあります。すべての...

childhood obesity

幼児肥満を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

幼児肥満とは標準体重よりどれくらい体重が上回っているかによって決まりますが、幼児肥満には2種類の肥満があります。一つは単...

2-0245-0061

解消法 スープで便秘...

現代社会では飽食の時代という背景から、なんでも好きなもの...

2-0218-0375

解消法 風邪からの吐...

風邪を引き始めるのは早ければ秋の始めころのことがあります...