解消法 寝るときの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 寝るときの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

寝ている時に鼻づまりを感じた事はありませんか。寝ていても息苦しくなってしまって起きてしまったり、いびきをかいてしまった経験をした人も多いのではないでしょうか。寝ているときに鼻づまりを感じる人も多くいるようです。自分ではなくても家族が鼻づまりになっていたり…

寝るときの鼻づまりとは

寝ている時に鼻づまりを感じた事はありませんか。寝ていても息苦しくなってしまって起きてしまったり、いびきをかいてしまった経験をした人も多いのではないでしょうか。寝ているときに鼻づまりを感じる人も多くいるようです。自分ではなくても家族が鼻づまりになっていたり、寝苦しくなってしまうと大変です。

鼻づまりが続いてしまうと眠れなくなって睡眠不足になってしまったり困ってしまいます。出来るだけこの鼻づまりを解消し、休息をしっかり取れるようにしましょう。最初は少し鼻がつまる程度かもしれませんが、放置しているとどんどんひどくなってしまう場合もあります。鼻づまりが続いてしまうと睡眠不足からイライラしてしまったり、ストレスが溜まってしまいます。

そうなってしまうと体に悪影響が出てしまい、普段の生活にも支障が出てしまいます。それでは困ってしまいますよね。また集中力が欠けてしまったり、色々な症状が出てしまいます。鼻づまりには色々な原因がありますが、それらをしっかり改善する事で鼻づまりを解消する事が出来ます。

鼻づまりは鼻水がしっかり出てしまえばもうならないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、繰り返し鼻づまりになってしまう人も中にはいます。そうなってしまうと寝苦しい日々が続いてしまって、なかなかしっかり体を休める事が出来なくなってしまいます。ではそんな鼻づまりはどうして起きてしまうのでしょうか。今日はこの寝るとき鼻づまりについてお話しましょう。

寝るときの鼻づまりの特徴(症状)や原因

ではどうして寝るとき鼻づまりになってしまうのでしょうか。その原因と症状を詳しくあげてみましょう。鼻づまりを起こしてしまう原因としてはいくつかありますが、主な原因として鼻風邪などの感染症や花粉症などのアレルギー疾患、自立神経の乱れなどがあげられます。鼻風邪になってしまうと鼻の粘膜がウイルスに感染し、炎症してしまいます。

その為、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が現れてしまいます。そうなると鼻づまりを起こしてしまいます。また花粉症などのアレルギー疾患は、外出した際など花粉が鼻の粘膜に付く事でその部分が炎症を起こしてしまい鼻水を誘発してしまいます。また自律神経には二つの種類があります。

血管は”交感神経”と”副交感神経”の2つの自律神経により、縮んだり広がったりして血流をコントロールしています。この自律神経のリズムが乱れてしまうことによりことにより、鼻の粘膜にある毛細血管に流れている血流も乱れてしまい鼻づまりが起きてしまいます。鼻づまりが起きてしまうと呼吸がしにくくなってしまい口呼吸をしてしまいます。

口呼吸をしてしまうと口の中が乾燥してしまい、口臭の原因にもなってしまいます。長くこの鼻づまりの症状が続いてしまうと、寝たくても寝られない日々が続いてしまい、またいびきをかくことにより周りにも迷惑をかけてしまうことになってしまいます。そうなってしまうと余計ストレスも溜まってしまうので、出来るだけこの症状を改善していきましょう。

寝るときの鼻づまりの対策

ではそんな寝るとき鼻づまりですが、ならないようにする為にはどのような対策が必要でしょうか。鼻づまりにならないようにする為には、普段からしっかり対策する事が必要です。鼻風邪などひいてしまわないように、寒い格好せずに出来るだけ体を温めるようにしましょう。また、花粉を吸い込まないようにする為には、マスクが良いでしょう。

マスクをする事で、花粉が直接鼻の中に入るのを防いでくれます。その際、間違った付け方をしてしまっては意味がないので、しっかり鼻や口元を覆うようにつけましょう。鼻づまりはしっかり対策する事で、症状を最小限にする事が出来ます。鼻づまりになってしまうまえに出来る事は自分でしっかり管理しましょう。

またストレスを溜めてしまったりすると抵抗力も弱くなってしまい、風邪などのウィルスに感染しやすくなってしまいます。そうなってしまうと鼻づまりを余計悪化させてしまうので十分に休養をとり、ストレスのない環境作りをする事を目指しましょう。鼻づまりが解消されずにそのままにしてしまうと睡眠不足から体力的にも大変になってしまいます。

またこの鼻づまりは、大人だけではなく小さな子供でもなってしまう事があるので注意が必要です。寝ている際に、鼻がなったり息苦しそうにしていたら鼻づまりが原因かもしれません。そんな鼻づまりにならない体を作りをしていきましょう。その為には健康管理も必要になってくるので、十分気をつけましょう。

寝るときの鼻づまりの解消方法

では上記であげたような鼻づまりになってしまったら、どの様に解消していけば良いのでしょうか。解消する為には、鼻に蒸しタオルをあててみましょう。そうする事で鼻の中の血行が良くなり、鼻の通りを良くする事が出来ます。お風呂に入った時など温めても良いですし、レンジでタオルを温めて、ホットタオルを作って鼻を温めても良いでしょう。

その際、やけどには十分気をつけてください。また、玉ねぎの臭いをかぐのも効果があります。本当にと思ってしまう人もいるかもしれませんが、タマネギの硫化アリルという成分には、粘膜の炎症を抑える働きが含まれています。その為、玉ねぎの臭いをかぐ事で、鼻づまりを緩和する事が出来ます。

枕元に玉ねぎを置いて寝たり、鼻の近くに持っていき、何度か深呼吸をすると良いでしょう。また、ツボを押す方法もあります。小鼻の両脇にある”迎香”と呼ばれるツボを指で少し強めに押してみましょう。このツボは、花粉症、鼻血に効くツボになっています。また、顔の血行促進を促し、むくみ、頭痛などの防止にも効果があるツボなので是非試してみましょう。

他には鼻うがいをする方法もあります。ドラッグストアなどで売っている鼻うがい薬など使用しても良いですし、洗面器などにぬるま湯と塩を少し入れて、鼻穴から交互に吸い込んでみましょう。片側の鼻穴で吸い込んだ水が反対の鼻穴から流れ出れば鼻が通った証拠です。解消する方法は色々あるので試してみましょう。

寝るときの鼻づまりのまとめ(未然に防ぐ方法など)

この様に寝るとき鼻づまりにはたくさんの原因があります。それらを改善する事で、鼻づまりを解消する事が出来ます。寝るとき鼻づまりはつらいだけではなく、その他の症状まで引き起こしてしまいます。口呼吸をしてしまう為、口の中が乾燥してしまったり、いびきの原因にもなってしまいます。その為、出来るだけ早い段階で鼻づまりを解消する必要があります。

鼻づまりは色々な方法で解消する事が出来ますが、出来るだけ症状を出さないようにする為にも未然に防ぐようにしましょう。免疫力を高める事で、風邪などひきにくくする事が出来ます。出来るだけ体を冷やさないように普段から心がけましょう。特に女性は冷え症の人が多くいます。

そうなると免疫力も落ちてしまいますし、抵抗力もなくなってしまいます。鼻づまりにならないようにする為にも、あまり薄着などはしないで体を温めるようにしましょう。またお風呂にゆっくり浸かり体の芯から温めるのも良いことです。鼻づまりになってしまいますと、とても寝苦しくなってしまいます。

この症状が長く続いてしまうと、慢性的な寝不足になってしまい普通の生活にも支障が出てしまいます。そうならないようにする為にも、しっかり鼻づまりを治していきましょう。大切な体を治す為にも、しっかりケアをしていき、快適な睡眠が取れるようにする努力が必要になってきます。睡眠不足は体に大変ダメージを与えてしまいます。出来るだけ睡眠不足を解消し、良い睡眠をとりましょう。

2-0117-0318

解消法 天然ボケを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

天然ボケという言葉がありますが、職場や日常生活でも、そのような人たちに出会うことがあります。天然ボケということでは、例え...

2-0405-0041

おなかの張りを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

おなかの張りとは、その呼び名のとおり、おなかが妙に張っているような感覚を感じる症状です。例えば妊婦さんであれば、妊娠中に...

Woman  trying to sleep at night in the bedroom

解消法 ねれない時に眠る為を解消する対処方法や対策・原因・特...

睡眠ということでは、普段の生活でも十分な睡眠がとれてこそ、一般的な日常生活を送ることができるということですが、中には、ね...

Woman plucking her eyebrows while looking into a mirror

眉毛を抜く癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

眉毛を抜く癖というのは、自ら眉毛を抜いてしまう行為がクセになってしまう症状です。ボサボサの眉毛を整えるのとは違い、何の気...

2-0367-0379

解消法 腹部の膨満感を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

食べたものに関しては胃を通って腸などで吸収されます。食事の時にはどんどん口の中でかみ砕きそれを飲み込みます。噛むまでは自...

2-0030-0153

解消法 簡単に運動で痩せるダイエットの悩みを解消する対処方法...

ダイエットは、今では誰でも行わなければならない課題になっていて、女性ばかりではなく、男性のメタボでも深刻な状況なので、男...

0033-0136

解消法 下腹の太りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

下腹の太り、男性と女性では違いがあります。男性は、リンゴ腹と言われる形態になる傾向で、胃の下からお臍を含めながら丸くお腹...

Blank notepad paper for your recipes and food

解消法 料理レシピでメタボを解消する対処方法や対策・原因・特...

今の時代は食べるものなどに困ることはなく、好きな時に好きなものを食べられるようになりました。それと同時に海外からの食べ物...

T

解消法 目の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

生活するときに必要な機関として目があります。ものを見るときに使いますが、人によっては視力があまり良くない人がいたり、見え...

2-0483-0059

抱き癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

抱き癖とは、赤ちゃんの頃に抱っこすれば泣き止む・大人しくなるというようなひとつの赤ちゃんの性質のようなもので、特に過去か...

2-0169-0350

解消法 背が伸びる様...

きれいなスタイルがあるとされます。立っていたり、歩いてい...

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対...

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをい...