解消法 授乳期の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 授乳期の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

授乳期は便秘で悩む人が増えます。それまでは快便で過ごしていた人も例外ではありません。元々便秘で悩んでいた人はそれほど体の変化を感じないかもしれませんが、悩んでいなかった人程その状態がストレスになってしまう事があります。授乳をやめれば改善する人も多くいますが…

授乳期の便秘とは

授乳期便秘で悩む人が増えます。それまでは快便で過ごしていた人も例外ではありません。元々便秘で悩んでいた人はそれほど体の変化を感じないかもしれませんが、悩んでいなかった人程その状態がストレスになってしまう事があります。授乳をやめれば改善する人も多くいますが、時にはそのまま慢性的な便秘になってしまう事もあるので注意が必要です。

授乳期便秘はその時期だけの物だと考えず、今後の自分の体の為にもなるべく早く改善する必要があります。しかし実際に色々と試してみようと思っても、なかなか自分だけの時間が無い為に色々な方法を試せないという人も少なくありません。さらに授乳や離乳食の準備、さらに慣れない育児の為に全く良くならない事も有ります。

さらにもう一つ気になるのが授乳中の薬の服用に関してです。薬を利用すると、その成分が移行してしまい、母乳を通して乳児の体内に入ってしまう事があります。そのため、薬を利用したいと思ってもむやみやたらに利用する事はできません。その点もまた、授乳期便秘が悪化してしまう一因となっているとも言えます。

授乳気の便秘はその人によって全く症状が違い、それほど悩まない人も中にはいます。しかし排便はあっても便自体がとても固く、肛門が切れてしまう人もいる程です。授乳期自体は自分の事はあまり気にする事が出来ない時期でも、なるべく自分の状況をしっかりと把握して正しく便秘を改善する事が重要です。

授乳期の便秘の特徴(症状)や原因

授乳期便秘の大きな特徴は、便の中に水分があまりなくて固くなっているという事です。コロコロと小さな塊でしか排便する事が出来なかったり、時には肛門が切れて出血してしまう事も珍しくありません。また排便したい感じはしていても、なかなかトイレに行っても出てこないと言う事も有ります。

まるで肛門の所で便が蓋をしてしまっているのではないかと思ってしまう程、固くなっている事も有り注意が必要です。そんな授乳期便秘の原因となる主な物が授乳する事です。妊娠すると女性の体は変化していき、母乳を作る事が出来る様になって行きます。母乳自体には様々な成分が含まれているので、赤ちゃんが飲むのも大きなメリットがありますが、その反面、母体は母乳を作る為に体の中にある様々な栄養素などを使っています。

また、母乳自体は血液からできている為、授乳すればするほど体の中の水分が減って行ってしまいます。実はこの体の中の水分が減ると言うのが、この時期の便秘の大きな原因の一つです。またもう一つは育児そのものが原因となっている事も有ります。赤ちゃんを育てていると、トイレに行く時間すらないと感じている人も少なくありません。

特にある程度大きくなってきてからは赤ちゃんが寝ている間しか離れていられないと言う人もいます。どれだけ健康な人でもトイレを我慢すると次第に便意自体を感じなくなってしまう事があります。結果的にそれまでは正常に排便があったという人でも、気が付いたら便秘になってしまっている事は少なくありません。

授乳期の便秘の対策

授乳期便秘対策として重要な事は2つあります。一つは水分の摂取です。母乳で育児をしていると、どうしても体の水分が減って行ってしまいます。そうすると便の水分も減ってしまうので、結果的に排便が困難になります。出来るだけ水分を摂取する事が重要です。ただ何を飲んでも良いかと言ったらそうではなく、ノンカフェインの物や、低カロリーの物を基本に飲む必要があります。

牛乳などは母乳の出を良くする事も有りますが、人によってはその脂肪分でおっぱいが詰まってしまう事もあるので注意が必要です。牛乳を飲む時は低脂肪乳にする方が無難です。紅茶やコーヒーが好きな人はノンカフェインの物を利用しましょう。カフェイン成分が母乳に移行して乳児がそれを飲んでしまうのを防ぐためです。

どうしても飲みたい時はタンポポコーヒーを飲んだり、お茶の場合は麦茶にすると安心です。甘いものの取りすぎは母乳の質を低下させてしまう危険性があります。甘いものの方が好きだと言う人もいますが、なるべく糖分の摂取は控える事が授乳期には必要です。もう一つはトイレに行くという事です。

なるべく自宅にいる時だけは便意を感じた時にトイレに行く様にするだけでもかなり違います。赤ちゃんをいつも見ていないと心配だと言う人は、自分が見える所に赤ちゃんを置いて排便すると良いでしょう。トイレを我慢すれば数時間我慢する事も出来るでしょうが、その生活を続けない事が授乳期便秘対策としては必要な事です。

授乳期の便秘の解消方法

授乳期便秘を解消する為にはいくつかの方法があります。ただ母乳に薬の成分が移行してしまうのは心配なので、下剤の利用は最終手段としておきます。まずは水分摂取を心掛けます。カロリーやカフェインの点から行くと、麦茶などはとても良い飲み物です。出来れば常温にしておく方が胃腸にも負担を掛けなくてすみます。

特に沢山飲む時はその温度には気を付ける必要があります。ヨーグルトや食物繊維の摂取も重要です。ヨーグルトを甘くする時はオリゴ糖を利用するとより効果が高まります。食物繊維は不要性・水溶性の両方があるのでバランスよく摂取しましょう。また食物繊維だけを摂取して水分摂取をしないと便秘が悪化してしまいます。

悪化させない為にも必ず沢山の水分を摂取する事を心掛けなければいけません。自分で色々な事をしてもなかなか良くならないと言う時は、病院に相談するのも一つの方法です。産婦人科に相談すれば便秘解消に良い方法を教えてもらう事が出来ます。また小児科の場合は授乳中でも飲んで良い薬を処方してもらえるので安心です。

自分が通いやすい所、相談しやすい所を利用するのがポイントです。それ以外の解消方法としては、ストレッチをするというのも一定の効果を感じる事が出来ます。子どもがある程度大きくなってきてまとまった時間に寝てくれる様になったら、10分から15分でも良いのでストレッチすると良いでしょう。またこの時はなるべく腹筋を鍛えると排便しやすくなります。

授乳期の便秘のまとめ(未然に防ぐ方法など)

授乳期便秘は程度は違いますが多くの人が感じる物です。また安易に薬を利用する事が出来ないので、なかなか排便できずに苦しんでいる人も少なくありません。授乳中限定と考えて耐える事もできます。ただ以前みたいに1歳程度で卒乳する必要があると言う意見だけでなく、出来るだけ長く授乳し続ける方が子どもの精神を安定させる効果が期待できると言う意見も少なくありません。

その為、長い人の場合は子どもが3歳以上になっても授乳する機会がある人もいます。従って、その間ずっと便秘で苦しんでいるのはとてもつらいので、なるべく早い段階で解消する必要があります。まずはなるべく水分を摂取する所から始めましょう。

また水分が足りない事が原因となっている事は明らかとなっているので、産後は出来るだけ水分摂取を心掛けると良いでしょう。ただ一気に水分を摂取すれば良いと言う訳ではありません。こまめに摂取する事で水分不足を解消する事が出来ます。自宅にいる時はこまめに少量ずつ補給する、外出中はマイボトルを持ち歩いて定期的に水分摂取をするとかなり違います。

ストレスを感じやすい授乳期は、ちょっと排便のリズムが崩れるだけでも悩んでしまう事が少なくありません。余計な心配や悩みを抱えない為にも、授乳期便秘は未然に防ぐ必要があります。また対策を講じても便秘になってしまった時は、それ以上悪化させない為にも食品や水分を適宜摂取して改善を心掛ける事がポイントです。

2-0032-0155

解消法 簡単に猫背を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

多くの陸上の哺乳類は四足歩行をしています。人で言う手も足で前足、後ろ足で歩行をします。人のように二足歩行を日常的に行って...

P

解消法 臨月の腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

もうすぐ出産。臨月になると体も出産の準備に為に、様々な変化を見せます。妊娠中はホルモンバランスの関係で様々な体調の変化な...

2-0194-0205

解消法 耳づまりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体においては器官があります。器官においては何かが通るようになっている場合においてはきちんと通るようになっていなければいけ...

2-0200-0232

解消法 上まぶたのたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

人の顔においてはどのようになるかで印象が異なることがあります。最近であれば顔が小さくて目がぱっちり、鼻は小さめ、口も小さ...

s

解消法 体操で便秘の解消する対処方法

身体の不調は日常生活でも重大な問題で、身体の状態が良くないと、日常生活でも仕事でも、非常に不快感を感じてしまい、なかなか...

s

解消法 仕事でのイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

仕事を進めるということは技術職、研究職、あるいは事務職や営業職のような職種に関わりなく、多くの人の連携作業です。いくら、...

Uncontrollable Laughter

口の中を噛む癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

食事中といった食べ物を食べている時に、口の中を噛んでしまうことがありますが、たまたま噛んでしまった場合は、噛んだ時に口の...

pixta_6320920_S

解消法 お風呂で突発性発疹を解消する対処方法や対策・原因・特...

人の肌は他の動物に比べると体毛などは少ないです。細かく見ると産毛などが生えていることはありますが、それで体温を維持してい...

2-0484-0060

勉強癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

勉強癖とは文字通り勉強を続けて時間を大きく費やしてしまう一種の病気に近い現象のことを言います。しかし最近の教育ではこうし...

2-0196-0213

解消法 手の冷えを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

寒さを感じるときとしては主に冬になるでしょう。外の気温が都市部でも10度を切るようなことがあります。これくらいになると寒...

2-0005-0041

解消法 カリウムでむ...

むくみとは、血液中の成分が水分とともに浸透することによっ...

2-0365-0369

解消法 貧血を解消す...

人の体の測定をする時、身長と体重を測ることがあります。子...