解消法 更年期の眠いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 更年期の眠いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

更年期とは男女ともにある時期で、45歳から55歳位の時期を指します。この時期は男女ともに性ホルモンの分泌が変化し、ホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れる原因としては、加齢・ストレス・疲れ等があり、その人によって原因が違う事も多々あります。ホルモンバランスが…

更年期の眠気とは

更年期とは男女ともにある時期で、45歳から55歳位の時期を指します。この時期は男女ともに性ホルモンの分泌が変化し、ホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れる原因としては、加齢・ストレス・疲れ等があり、その人によって原因が違う事も多々あります。ホルモンバランスが崩れると体の様々な場所に影響が出ます。

その時の症状の一つが眠気です。一般的には睡眠不足の時に眠気を感じる事があります。しかし更年期になると沢山寝たとしても、睡眠時間に関係なく眠気を感じてしまう事も珍しくありません。さらに軽く体を動かしたり、カフェインが含まれている物を飲んだりしたとしても目がさえると言う訳ではないので注意が必要です。

自分の意思ではどうしてもコントロールできないと感じている人も少なくありません。また中にはホルモンのバランスによって寝付きが悪くなってしまう人もいます。布団に入ってもなかなか眠る事が出来ない為、慢性的な睡眠不足になってしまう事も珍しくありません。何をしても目が覚めない、すっきりとしないという時は低血糖や高血糖の状態になっている事も有ります。

あまりにも毎日眠気によって生活に支障が起きているという人は、一度病院に行って診察してもらう事も重要です。さらにどうしようもない眠気を感じている時は、車の運転などをするのも危険です。大きなトラブルを起こしてしまわない為にも、眠気を感じた時は体を休める事が重要となります。

更年期の眠気の特徴(症状)や原因

更年期の眠気は、寝ても寝ても寝たりないと感じる場合や、なかなか夜に寝る事が出来ないので日中眠くなってしまうと言うタイプが多くなっています。原因となっているのは性ホルモンで、女性は大体45歳から55歳の10年間、多かれ少なかれ眠気を感じている人がいます。少し眠い程度であればそれほど生活にも支障を来たす事はありませんが、眠くて何もできない、ミスを頻発してしまうという可能性もあるので注意が必要です。

出来るだけ無理をしないようにします。男性は女性のように顕著に症状が出ない場合もありますが、ストレスなどが引き金となってホルモンのバランスが崩れてしまう事は珍しくありません。この場合もやはり日中にかなり眠くなってしまいます。

40代前半までは全く寝なくても平気だったという人でも、45歳を過ぎた頃からは眠気で昼間とてもつらいという人もいます。この眠気に関しては、毎日眠くて仕方がない人と時々眠くなると言う人に分かれます。時々の人の場合は、ある程度体を休めれば改善する事も少なくありません。しかし毎日となると日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。

中には目を開いている事が出来ず、気が付いたら無意識のうちに寝ていたという人もいる程です。さらに眠気だけでなく体が重く感じたり、だるく感じたりしてしまう事も有ります。そのため、それまでは元気でやる気があった人も、更年期を迎えると次第にやる気が無くなって行ってしまったように見える事も有ります。

更年期の眠気の対策

更年期に眠気を感じてしまうのは、ホルモンのバランスが関係しています。それを何とかする為には、いくつかの対策を講じておく必要があります。一つは睡眠時間を確保すると言う事です。自分では寝ているつもりでも、実は足りないという事も有ります。なるべく1日に8時間程度は確保する様にしましょう。また疲れを感じたら休憩すると言うのも効果的です。

眠い時は眠ると言うのも、実際に行う対策としては有効です。40代に差し掛かってきた頃から、いずれはホルモンのバランスが崩れて行くと考えて、その頃からは規則正しい生活を送る事を心掛ける事もできます。睡眠時間を確保する、さらに食事は3食バランスよく摂取するというだけでも大きく違います。

さらにストレスがホルモンバランスが崩れる原因となっている事も有るので、上手にストレス発散をする方法を予め見つけておく事も重要です。簡単に体を動かしたり、自分の趣味を見つけるというのも、実は更年期の眠気対策として有効です。ただ、いざ眠気を感じるまでは何も対策を講じる事が出来ていないと言う人も珍しくありません。

症状を感じてからでも出来る対策としては、サプリメントの摂取が効果的です。これなら食事のバランスを気にする事なく摂取する事が出来ます。毎日続ける事によって精神のバランスを取る事も出来る様になるので、結果的には更年期の眠気対策につながります。直接寝る事以外にも対策法は色々とあるので、自分に合う方法を見つけるのが重要です。

更年期の眠気の解消方法

更年期になると感じる人が増える眠気を出来るだけ解消する為には、いくつかの方法があります。一つは睡眠時間を確保する事です。しかし既に良く寝ているのに眠気を感じているという人は、過眠症となっているかもしれません。これが原因だと決めつけず、何が原因となっているか色々な可能性を考える必要があります。

過眠症の場合は病院に行って相談する事で解消する事が可能です。それ以外で効果が期待できる解消方法の一つはサプリメントの利用です。現在ではビタミン類などでもサプリメントを利用する人が増えていますが、更年期の眠気に対して効果が期待できる物もあります。

また食事の質を気にする事なく摂取する事が出来ますただサプリメント自体は毎日摂取する事で効果を発揮する物なので、飲み忘れには注意する必要があります。後はストレスを軽減する事も効果的です。ホルモンのバランスは、ちょっとしたストレスでも崩れてしまう事があります。最近イライラとする事がある、それに接するとどうしても疲れを感じてしまうという物がある場合は、それを解消してみます。

また何が影響しているのか分からないと言う時は、体を動かすとか自分の好きな事をするのも効果的です。気分を変えてみる事もストレス解消の方法となるからです。眠気はどうしようもないと諦めてしまう人もいますが、決して解消できない物ではありません。ストレス発散やサプリメント、睡眠などをうまく活用して解消する事が出来ます。またそれでも無理な時は医師に相談するのも良い方法です。

更年期の眠気のまとめ(未然に防ぐ方法など)

更年期にホルモンバランスが崩れてしまうのは、誰にでも起こり得る事です。しかし良く見てみると症状の出方が大きく違っていて、日常生活を十分に送る事が出来なくなってしまう人もいる反面、それほど辛く感じる事なく毎日を過ごせている人もいます。なるべく更年期の眠気を感じない様にする為には、更年期を迎える前から準備をしておく必要があります。

やはり規則正しい生活を送る事はとても重要です。さらに疲れを感じた時は無理をせずに、体を休めます。より良い眠りを得る為にも、寝具に目を向けてみるのも効果的です。自分の体に合わせて用意するだけで、より良い眠りを得る事はできます。さらに、日頃から適度な運動をしておく事も重要です。

更年期になると日中眠気を感じる人は多くいますが、反対に夜はなかなか眠れないと言う人も多くいます。ある程度の年齢になってくると運動をする機会も減り、体を動かさなくなってしまう事も有ります。その為、毎日適度な疲れを感じない事も有り、眠くないと言う人もいます。出来るだけ体を適度に疲れさせておく事も効果的です。

そのためには日頃から運動をしておく事が重要です。ウォーキングやジョギング、さらにヨガなどでも体をある程度動かす事が出来ます。ハードな運動をする必要は決してなく、適度に体を動かすだけでも大きく違います。このような事をしておけば、いざ更年期を迎えたとしてもそれほど辛い日々を送らなくても済む可能性が高くなります。勿論眠気を感じる事も少なく、それまでとあまり違わない生活を送る事も可能です。

Stressed Asian woman

解消法 生理前のイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

生理前のイライラとは、月経が始まる1週間前ぐらいに精神的に不安定になり、他の人に対して攻撃的になったり、意味不明に悲しく...

2-0271-0112

解消法 リンパマッサージで肩こりを解消する対処方法や対策・原...

毎日デスクワークをこなしておりますと、どうしても夕方に肩こりが酷いという人もいるでしょう。その理由は、筋肉が凝り固まって...

2-0129-0340

解消法 妊娠後期のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

妊娠するとホルモンバランスの変化や体型の変化、食生活の変化から色々な症状が起きてしまいます。妊娠中は何かとトラブルが起こ...

Masseur lifting pregnant womans legs on blue mat in a fitness studio

解消法 妊婦の浮腫みを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

妊娠すると、ホルモン分泌の激しい変化や、赤ちゃんの成長に伴いお腹が大きくなるために、体にはさまざまな変化が訪れます。妊娠...

Physiotherapist examining and treament injured leg

膝熱を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

膝に炎症が起きてしまうと段階をふんで症状が進行していきます。膝熱というのはその段階でも第二段階あたりから起きてくるもので...

Female face with the wrinkles on her forehead

解消法 おでこが広いを解消する対処方法

10代からやけに髪の毛が薄く、おでこ広い人は意外に多いです。これは遺伝などもありますが、髪の毛が薄い状態が恒常化し本人も...

2-0221-0404

解消法 目袋を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

地球においては重力があるとされます。宇宙飛行士などは宇宙においては無重力の状態で生活するとされています。ものを落とそうと...

Y

解消法 枕で首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

朝に起きた時に体に痛みが出ていることがあります。首の辺りです。横を向こうとしても向くことができません。反対側も同じような...

2-0008-0048

解消法 グッズで腰痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

体にはいろいろな部分があります。頭であったり手、足などについては大体どの場所かがわかります。背中に関しても体の後ろの部分...

2-0250-0072

解消法 ちりめんじわを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

毎日お手入れをかかさないお顔でも年齢を重ねるともっとも気になるのが「シワ」「シミ」ではないでしょうか。シミやシワの原因は...

2-0252-0074

解消法 ツボで肩凝り...

仕事をしている時に、なんとなく無意識の内に肩に手をやって...

A

腹が立った時を解消す...

腹が立った時は、誰もが冷静でいられなくなります。腹立ちを...