解消法 ひざ痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 ひざ痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体の中で最も使う部分の一つが足です。毎日歩くときに使いますし、立ち上がったりしゃがんだりするときにも使います。そういった行為は日常生活には欠かせないことですから多くの人が行っているでしょう。歩くことに関しては一生行うことができますが、必ずしも正常な状態でできるとは…

ひざ痛とは

体の中で最も使う部分の一つが足です。毎日歩くときに使いますし、立ち上がったりしゃがんだりするときにも使います。そういった行為は日常生活には欠かせないことですから多くの人が行っているでしょう。歩くことに関しては一生行うことができますが、必ずしも正常な状態でできるとは限りません。人であったり他の動物は永久に同じ状態ではありません。

寿命があり、一定期間が経つと体の機能が衰えたり減退したりします。鍛えたり栄養を取ることで補充することも可能ですが、ただ減り続けることもあります。減った後にその部分が増えたり再生しなければ何らかの症状が出てきます。歩いていてひざの辺りが痛くなることがあります。

学生などがトレーニングの後に痛いやどこかに打ち付けて痛いような場合は一時的な痛みなのでしばらくそのままにしておいたリシップなどを貼っておけば解決できる場合があります。しかし高齢の場合にはそのままにしていても痛みが続きますし、シップなどを貼ってもあまり効果がありません。この場合のひざ痛は、加齢などが原因で出る痛みになります。

加齢によるものなので誰にでも起こるものとされています。何時頃出てくるかはひとによって異なりますが、足をよく使う人は早めに出ることがあります。足を酷使している人も出やすくなります。歩き方があまり良くなかったり、肥満の人などはひざにかかる負担が大きくなるので、若い人でも加齢の人と同様の状態のことがあります。

ひざ痛の特徴(症状)や原因

ひざ痛の特徴は歩いている時に痛みがあります。最初は違和感があるような感じなので特に歩けないわけではありません。それが徐々に激痛に変わってきて、歩く度、足を一歩前に出すたびに痛みが出てくる場合があります。そうなると歩くことができませんし、ひざに関わる行動ができなくなります。

歩く以外にはしゃがむ、立ち上がる、座る、正座であったりあぐらをかぐようなことでもひざに負担がかかるので痛みとして出てきます。そのままの状態にしていればそれほど痛みませんから、座った状態、足を伸ばした状態、ずっと同じ姿勢で立っている分にはそれほど痛まないことがあります。歩く場合においても平地を歩く時、坂道を下る時、上る時、階段の昇り降りにおいても違いがあります。

初期の段階では特に負担がかかるときのみに痛みが出ます。坂道や階段の場合は下りの時に痛みが出ます。体の負担からすると下りの方が楽なように感じますが、ひざや足に関しては下りのほうが負担が大きくなります。下りの時は痛くて、上りの時は痛みがないような状態です。

ただし悪化してくると下り以外でも平地であったり上りにおいても痛みが出ます。上りに関しては坂道でも階段でもひざには比較的負担にはなりません。このような痛みが出る原因はまずは加齢があります。一定の年齢になると誰でも適度に感じるようになります。加齢以外には足を酷使する生活をしていたり、肥満などによって足に負担をかけやすい場合などがあります。

ひざ痛の対策

ひざ痛の対策としては歩かないことです。歩くことで痛みが出ますから歩かなければ痛みは出ません。あるかない以外には足をできるだけ動かさないようにします。座ったまま、立ったままの足、特にひざを動かさなければ痛みは出ません。でも全く歩かない、ひざを使わずに生活するのは難しいです。そこで負担がかからない道具を使う場合があります。

よく利用されるのがサポーターです。ひざを固定したり温めたりする効果があります。痛みの原因としては軟骨部分がすり減ってその部分が磨り減ることによるものになります。サポーターをするとひざの部分が固定されるようになり、ひざの骨に負担がかかりにくくなるようです。サポーターに関しては効く人と効かない人がいます。

初期のレベルであれば痛みはかなり改善されるので平気で歩くことができるようですが、より軟骨が減ってきたりするとサポーターでは痛みが減らなくなります。歩くときに膝に負担をかけないために杖をついたり、ひざ下以降を固定するような器具をつけることがあります。歩くテンポとしては少し悪くなりますが、歩くことはできます。

痛い足の方を出すときに杖を付くことでひざに対する負担を軽減できます。痛みがなくなるわけではないですがなにもないときよりは痛まないので日常生活をすることができます。シルバーカーと呼ばれる車のついた器具で体を支えながら歩いたりするのも方法の一つです。こちらも足への負担を少なくできます。

ひざ痛の解消方法

ひざ痛の解消方法においては、軟骨の減少についてはもとに戻すのが難しいとされています。ただし今は軟骨に含まれる成分について少しずつ解明されています。そもそも体の中で作られるものですが、それらが徐々に作られにくくなっているのが原因とされています。それらを食品などから取ることによって補えば軟骨部分に影響すると言われています。

健康食品の中でもそれに関するものが出てきているので、痛くてどうしようもない、病院などで軟骨が減っていると言われた人はそういったものを利用してみてもいいでしょう。ひざが痛い時歩くのが困難なぐらい痛いです。ですから歩くのが嫌になって歩かなくなることがあります。

解消するためには歩かないのはあまり良くないこととされています。歩かないと足の筋肉が衰え、更にひざに負担がかかるようになるためです。解消方法の一つとしては、足、特に膝周りを鍛えることとされています。筋肉をつけて鍛えることで、筋肉がひざの部分を支えることで軟骨の減少による痛みが軽減されるとされます。痛くて辛い時ですが、あえて歩くようにするのが解消方法として良いとされます。

歩かなくてもひざを鍛える方法はあります。足などにおもりを付けて座ったまま足を上げたり下げたりする運動があります。足の筋肉を使うことで鍛えることができ、それによって痛みが解消できるとされます。どうしても痛みが出て仕方がない場合には軟骨部分に金属などを入れる手術もあります。

ひざ痛のまとめ(未然に防ぐ方法など)

ひざ痛の原因は加齢でひざの軟骨の減少によるものになります。加齢は誰でもありますから、それなり誰でも起こることです。未然に防げる方法としてはまずは太らないことがあります。太ればその分足に負担がかかります。ひざにも大きな負担がかかります。太らなければ負担を減らすことができますから、軟骨の減少を抑えることができます。

太るか太らないかは個人のコントロールで行えますから、将来ひざで悩みたくないなら太らないようにしなければいけません。また適度に運動をすることでも未然に防げます。彼によって軟骨は減りますが、足の筋肉に関しては鍛えることで高齢になってもどんどん増やすことができます。

高齢になると筋肉は衰える一方のように考えがちですがそうではありません。使わなければどんどん減りますが、使うことによってどんどん付けることができます。年齢が高くなるとどうしても歩きたくないと歩かない方法をとってしまいますが、そうではなくて少しでも歩くようにします。軟骨は減りますが、筋肉をつけることで未然に防げるようになります。

歩き方を見直すことでも未然に防げる場合があります。O脚、X脚、その他あまり良くない歩き方などがあります。良くない歩き方の場合、ひざの軟骨の減り方も偏ったりするので良くないとされます。未然に防ぐのであれば、歩き方を正しくするようにします。軟骨が減るとしても均等に減るのであれば、痛みとしても少しは減らすことができます。

t

解消法 肩こりから来る頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特...

哺乳類の中で、人間は進化の過程で二足歩行をすることを選んできました。どのようにして選んだのか、その経緯は定かではありませ...

2-0237-0037

解消法 お腹が張るを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

社会生活をしていると色々な体調不良が起こってきますが、特に胃腸関係の不調や不具合は慢性化しやすく、気分的にも厄介な症状に...

Y

解消法 枕で首こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

朝に起きた時に体に痛みが出ていることがあります。首の辺りです。横を向こうとしても向くことができません。反対側も同じような...

Cooked shrimps

解消法 エビで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

日常生活では、体の不調を感じることも多く、特に仕事関係ではストレスも溜まるので、体のバランスが悪くなることもあります。何...

2-0038-0165

解消法 強い不安を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人間は誰でも日常生活を行なう上で、対人関係や将来への漠然とした不安などが原因となりストレスを感じ、それで大きな不安を感じ...

2-0252-0074

解消法 ツボで肩凝りを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

仕事をしている時に、なんとなく無意識の内に肩に手をやってしまっているという人も多いのではないでしょうか。そんな肩凝りには...

2-0500-0114

咳払いの癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

咳払いの癖とは、あまり場所や状況を考えずに咳払いをしてしまう状態のことをいいます。例えば誰でもかぜをひいているときやのど...

2-0201-0250

解消法 寝不足からの吐き気を解消する対処方法や対策・原因・特...

子供の頃は早寝早起きは三文の得と言われました。寝る子は育つとも言われました。確かに寝ると成長ホルモンがうまく作用して成長...

2-0187-0141

解消法 夏のむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

四季の中でどの季節が好きかどうかを問われることがあるでしょう。スポーツが好きな人は夏のスポーツが好きなら夏、冬のスポーツ...

F

解消法 鼻づまりからの頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特...

秋になった、冬になったと感じることはあります。秋においては金木犀の匂いがしてくると感じることがあります。食欲がある人は美...

2-0045-0179

解消法 午後の眠気を...

1日のうちで眠たい時刻としてはまずは起きた時があります。...

2-0283-0139

解消法 加齢の下腹ポ...

若いときにはなかった、加齢による下腹ポッコリという現象が...