解消法 ツボで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 ツボで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

便秘とは便がコンスタントに出ない状態の事を言います。良く1日に1回はでなければ便秘だと言われてしまう事がありますが、実はそうではありません。2日に1回、3日に1回であっても排便が困難ではなく、さらに本人がすっきりとして残便感を感じていない時は心配する必要は…

便秘とは

便秘とは便がコンスタントに出ない状態の事を言います。良く1日に1回はでなければ便秘だと言われてしまう事がありますが、実はそうではありません。2日に1回、3日に1回であっても排便が困難ではなく、さらに本人がすっきりとして残便感を感じていない時は心配する必要はありません。

ただ毎日排便があったとしても、何だか便が残っている感じがするという時は便秘かもしれないので注意が必要です。10代後半から20代位になると悩み始める人が増えて行き、中には1週間、2週間排便が無いと言う人も珍しくありません。また自分での排便は不可能なので、いつも下剤を利用して便を排出しているという人もいます。

勿論不要な物なので体から排出する必要はありますが、下剤の乱用によって体の中のミネラルバランスが崩れてしまう事があります。また下剤の使用量が次第に増えて行ったりする事も有るので、薬を利用する時は注意が必要です。基本的に日本の場合は男性に比べると女性の方が悩む人が多くなっています。男性の場合は下痢で悩む人が多いと言っても過言ではありません。

これは体の構造の違いだけでなく、筋力量の違いが影響しています。肌荒れだけでなく、体の調子を悪くしてしまう事もあるので、なるべく早く改善する必要があります。ただ自分だけでは何ともできない事も有るので、そういう時は病院に相談に行くのも一つの方法です。胃腸科に行く人もいますが、近くにない場合は内科に行っても相談に乗ってもらう事が可能です。

便秘の特徴(症状)や原因

便秘はなかなか便が出ない状態の事を言います。通常健康な人の便は黄土色で、バナナ2本分程度出ます。また排便後に肛門が汚れる事が殆どないので、トイレットペーパーで拭いても何か付着する事は殆どありません。しかし便秘の人の便はそうではなく、とても細かくなっていたり細くなっている事があります。

さらに水分量も少ないので、排便自体がとても困難だと感じている人も少なくありません。原因として考えられる事は3つあります。一つは食物繊維の摂取量が減少しているという事です。野菜を食べずに肉類ばかり食べている食生活は送らない様にしましょう。もう一つは運動量の低下です。

運動をある程度していると筋肉が付いた状態になりますが、運動不足になると次第に筋肉が落ちて行きます。排便にはある程度の筋力が必要なので、運動不足になって筋力低下となると排便が困難になります。三つ目は食事量自体が減っているという事です。ダイエットの為に殆ど何も食べないと言う人がいますが、そうなると便自体ができません。従って出す必要もなくなってしまいます。

ただ少量はたまって行きますが、便はある程度の量たまらないと排便の信号が脳から出ない為、少量たまっただけだとなかなかその信号が出ません。それ以外にも加齢やストレス、さらに水分摂取が少ない、ホルモンバランス等様々な原因があります。改善する為には何が原因となっているかを明らかにする事と、それに合わせた対処法を見つける事が重要です。

便秘の対策

日本人に比べると欧米人は小腸の長さが短くなっています。そのため、便秘で悩む人も日本人よりは少ないと言われている程です。根菜類や食物繊維を多量に摂取すると、下痢になってしまう人もいると言う事を聞いた事がある人もいるはずです。しかし実際には食物繊維の摂取にはいくつか気を付ける点があります。

その一つが水分を一緒に摂取すると言う事です。食物繊維だけを摂取すると、腸内の水分が吸収されてしまってより便の中の水分量が減ってしまいます。水分が少ないと排便自体が困難になってしまうので注意しましょう。摂取する水分はなんでも良いのですが、あまり高カロリー・高脂肪の物を摂取し過ぎると肥満の原因となるので、その点だけは注意が必要です。

もう一つ便秘対策として重要なのはトイレの時間を確保すると言う事です。今はまだコンスタントに排便がある人も、トイレの時間は確保しておきましょう。人間は便が溜まってくると排便する信号が脳から出ますが、それを我慢してしまうと次第にその信号自体が出なくなってしまいます。

そうすると便が溜まってお腹が張っていてもなかなか排便する事が出来なくなり、結果的に便秘になってしまいます。日頃からトイレに行く時間を確保しておくと、トイレに行く習慣があるので排便自体も出来る状態を維持できます。またトイレに行った時に排便できなかったとしても、便座に座るだけでも大きく違います。これは便秘予防の為の効果的な方法ですが、それだけでなく既に排便が困難になっている人にも効果が期待できる方法です。

便秘の解消方法

便秘もそれほど酷くない場合は食生活を改善するだけでも変化して行きます。次第に排便も楽になる事も少なくありません。しかし悪化してくると、自力での排便が出来なくなってしまう事があります。そうなると下剤を利用したりする事になりますが、依存性がある薬だという事だけでなく体の中のミネラルバランスを崩してしまう事も有るので、多用は禁物です。

用量用法を守って正しく利用する必要があります。さらに便秘を改善する為には、腸内環境を正常にしなければいけません。食物繊維を摂取し、便量を増すだけでなくヨーグルトなどを摂取して善玉菌を増やす必要があります。乳酸菌はサプリメントの形で摂取しても大丈夫です。また適度な運動をする事が必要です。

ウォーキングや水泳などは下半身を使う運動なので下半身の筋力アップにも効果が期待できます。そうして排便の時に使う筋肉を養います。下剤は簡単に排便できる方法ですが、長く使う事はあまり良い事ではありません。原因が分かっている場合はそれをまずは解消する必要があります。

さらに何が影響しているか分からない時は、おなかに良いものを摂取すると効果的です。プルーンなどはある程度摂取すると排便しやすくする事もあるので、薬をやめてこちらを摂取している人もいます。また朝起きてからすぐに冷たい水・牛乳などをコップ1杯飲むと腸がその時点で起きます。そうして様々な方法を色々と行いながら工夫していくと、次第に解消されて行く事も有ります。

便秘のまとめ(未然に防ぐ方法など)

便秘に必要な事の一つは未然に防ぐと言う事です。今もし排便でそれほど苦労していないのであれば、その状態をキープする必要があります。また、排便自体は我慢しないようにする事も必要で、特に女性の場合は社会人になってから我慢する機会が増えて便秘になってしまう人もいます。なるべくトイレには行きやすい環境作りが必要です。

またトイレに行く習慣づけも必要といえます。ただ、やはり便が出にくくなる大きな原因としてはダイエットを挙げる事が出来ます。確かに食べる量を減らせば体重を減らす事もできますが、それによって体の調子が悪くなるだけでなく排便できなくなってしまうのは良くありません。また中にはダイエットの為に下剤を利用する人もいる程です。

確かに無理やり腸の蠕動運動を起こせば排便する事はできますが、体には大きな負担となります。また腸自体自力での排便をする必要が無くなってしまうので、それまでは正常だったのにいつの間にか便秘になってしまうと言う人も増えてきています。なるべく今良い状態でいるという人は、それを維持する努力をしましょう。

また既に便秘になっている人は、そのうち良くなると楽観視していない方が良いかもしれません。本気で良くすると心に誓って、出来るだけ規則正しい生活とバランスのとれた食生活を送る事をお勧めします。本気で治すつもりになる事、これが改善への第一歩です。さらに自力ではどうしようもないと感じたら、なるべく早く医療機関で診察を受け正しい治療を受ける事が重要です。

2-0392-0004

親子関係を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

親子関係で悩んでしまっている親御さん、また子供さんも、複雑な現代社会の中では少なくないと言います。子供が何を考えているの...

2-0133-0352

解消法 背中猫背を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

背中猫背でお困りの方はたくさんいらっしゃいます。背中猫背な方、イコール高齢者ではなく、現代はオフィスワーカーにも多く表れ...

Apple is good for health

解消法 リンゴで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

便秘は健康管理においては、大きな病気というわけではありませんが、気分的に日常生活や仕事などには障害になる症状です。便秘と...

2-0307-0199

解消法 残尿感を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

残尿感とはトイレで排尿をした後にも関わらず、まだ体内に尿がたまっている感覚があることです。これは年齢を重ねられた方の場合...

2-0192-0189

解消法 黒ずみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

昔の子供といえば外を駆けずり回って遊んでいたといわれています。今の子供はどうかですが、いろいろな事情があってなかなか遊べ...

2-0128-0338

解消法 入浴で肩こりを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

最近は健康寿命という言葉も話題になり、日本のように高齢化社会になるのが確実な社会では、ただ寿命をのばすということではなく...

w

脱毛癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

脱毛癖とは自分自身の髪の毛やまつ毛、眉毛などを引き抜きたいという衝動に駆られたり、抑えられないという症状がある精神疾患の...

2-0274-0116

解消法 わき肉を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

体は皮膚で覆われています。その皮膚の下に体のいろいろな組織があります。人によって異なるので、それによっては見え方も多く異...

Closeup mid section of a fit woman with stomach pain against tree in green field

便が硬いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

便が硬いと、長時間踏ん張る必要がありますし、痛みもあるので、毎回出すのに苦労することになります。あまりにも踏ん張りすぎる...

2-0455-0091

舌を出す癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

舌を出す癖とは、無意識に舌をペロッと出す仕草のことです。ちょっとしつこい印象では、唇を舐めまわすような仕草もあります。女...

2-0113-0312

解消法 朝食で肥満を...

肥満は現代での大きな注意すべき事柄のひとつで、過去の人類...

2-0264-0101

解消法 マッサージで...

健康的な子供の象徴としてほっぺたがりんごのように赤い子が...