解消法 40代の乾燥肌を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 40代の乾燥肌を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

健康な肌では滑らかさとハリがあり、適度な弾力を備えています。そして、これは肌の潤いが支えてくれていることでもあります。ところが年齢も40代に入りますと、若い時の潤いがあった肌から、次第に乾燥肌へと傾いてしまう傾向があります。この乾燥肌は基本的に様々な要因が…

乾燥肌とは

健康な肌では滑らかさとハリがあり、適度な弾力を備えています。そして、これは肌の潤いが支えてくれていることでもあります。ところが年齢も40代に入りますと、若い時の潤いがあった肌から、次第に乾燥肌へと傾いてしまう傾向があります。この乾燥肌は基本的に様々な要因がありますので、決して年齢を重ねることだけが原因という訳ではありません。

しかし40代では体の中の水分や潤い自体が減少し始めますので、肌も自然と乾燥肌に傾きは始めます。一方、乾燥肌とは皮膚の表面がカサつく状態のことでもありますが、細胞レベルに起因することでもあります。まず肌の表面ですが、肉眼では特に問題が無い様に見える状態でありましても、それをズームして見た場合ではその差が歴然となります。

健康な肌では揃った形状の角質層がありますが、乾燥している皮膚の場合では、角質層の形状が乱れて揃っていません。その上、部分的に剥がれてしまっている場合もあります。更に肌を細胞レベルで見てみますと、健康な肌では角質層の細胞も形状とサイズがほぼ同一であり、肌一面を隙間が無い状態で覆っています。

ところが皮膚が乾燥している場合では角質層の細胞が歪んだ形状をしており、部分的に「破れ」が点在している場合があります。肌は大切な防護壁でもありますので、角質層が細胞レベルでその様な「破れ」がある場合では、十分な防護壁としての機能が期待できなくなります。その為乾燥肌とは、肌本来の防護壁効果が失われた状態のことでもあります。

乾燥肌の特徴(症状)や原因

乾燥肌の特徴は肌がカサつくことでありますが、角質層の細胞レベルで見た場合では、肌に隙間が点在しているスカスカの状態であることが大きな特徴です。また、その細胞が正しい形状を保っておらず、歪んだ形状で生成されていることも特徴です。そして角質層の細胞が歪む原因でありますが、これは細胞の生成スピードにも起因致します。

本来でありますと角質層の細胞は、肌の十分な防護壁の下、ある程度時間を掛けてしっかり成長させながら、肌の表面に上がってきます。ところが肌に隙間が点在する状態では、その傷んだ防護壁を早く修復させる為、角質層の細胞生成が急ピッチで行われる様になります。その為十分に成長させることができず、理想的なサイズになる前に未成熟もまま、肌の表面へと送られる様になります。

この為細胞の形状も整っておらず、その結果、歪んだ形状になっています。この様に乾燥肌になってしまう一因には、角質層における細胞レベルでの原因も存在します。そして、40代がこの肌のトラブルに見舞われることは、体の中に保有する水分が下降傾向になり始めることで、その様な細胞レベルでのトラブルを引き起こしてしまう原因にもなります。

また、これは言わば老化の始まりでもありますので、40代での乾燥肌の特徴(症状)や原因の一つには、老化現象が起因することもあります。一方、その他の代表的な原因には、食生活での栄養バランスの乱れがあります。例えば偏食などをしていますと、健康的な肌を作る材料や機能を確保することができず、乾燥肌を招いてしまう重大な原因にもなります。

乾燥肌の対策

40代乾燥肌の対策では、潤いを保つことが前提になります。しかしそれだけではなく、これ以上悪化させないということも大切です。その為、例えば乾燥肌の対策を考慮した洗顔方法では、両手でごしごし洗うことは避けるべき洗い方になります。洗顔は汚れを取る行為でありますが、ごしごし洗いますと角質層を傷めてしまいますので、そのやり方を控えることが肝心です。

そこで角質層を傷めない洗顔方法ですが、両手で洗顔料などを十分に泡立てて、その泡を顔に軽く押し付ける様にして洗います。上下にごしごしするのではなく、顔に覆った手の平を、皮膚表面に近づけたり離したり、または手の平を軽く「く」の字に曲げる動作を繰り返すなど、手ではなく「泡」でソフトに洗顔することが大切です。

そして顔の泡を洗い流す場合でありましても、上下にごしごしとする動作は控え、両手ですくった水を下からシャバシャバ掛ける様に致します。その際はため水よりも流水の方が望ましくあります。そしてタオルで顔の水気を拭く場合でありましても、擦ることは絶対にせず、肌の表面を優しく押さえる様にして水分を拭き取ります。

ここで重要なことは水分をきちんと取ることです。肌に水分が残っていた場合、その水分が蒸発する際に皮膚の潤いが奪われてしまうことがあります。そして、間を空けずに保湿液や保湿クリームを塗ります。いつまでも若い肌を保つ為にも、40代乾燥肌の対策では、この様な洗顔方法も有効です。

乾燥肌の解消方法

乾燥肌の解消方法では保湿に着目するだけでなく、肌表面の防護壁の機能を取り戻すことに着目することも決め手になります。防護壁が整っておりますと皮膚の下層部におきまして、角質層の細胞を十分に成長させた健全なターンオーバーが期待できます。その為この状況を準備することが、乾燥で傷んだ皮膚の修復では不可欠になります。

そこで着目したい成分が「ヘパリン類似物質」であり、この成分は保湿性や保水性に優れた能力を持っています。そして更に効果的な作用が、肌の下側まで浸み込んで、奥から修復のサポートをしてくれることです。また、乾燥肌の解消方法として着目される成分には、この他にも「ワセリン」や「尿素」があります。

「ワセリン」は主に肌に保護膜を作る作用があり、「尿素」は角質層の改善効果に貢献しますが、比較的奥まで届いてくれる物は「ヘパリン類似物資」ですので、特に魅力的な存在になります。肌本来の防護壁としての機能が回復致しますと乾燥肌も好転することになりますから、この成分に着目して保湿製品を揃えることは、40代乾燥肌の解消方法と致しましても検討に値します。

一方、それ以外の意外な乾燥肌の解消方法では、便秘を解決することで解消するという手段もあります。便秘は便がいつまでも体内にたまり続ける状態でありますが、老廃物である便がたまった状態では、腸内に様々な悪玉菌が増殖してしまいます。更にそれらの活動によりまして、有害となる物質も発生します。それが血液の流れに乗り、結果的に肌にも悪い影響を与えてしまう場合が多々あります。この為便秘を解決することは、体の内側から試みる乾燥肌の解消方法になります。

乾燥肌のまとめ(未然に防ぐ方法など)

この様に肌の乾燥は幾多もの要因により引き起こされますので、乾燥肌のまとめを致しますと、外側のスキンケアだけでなく、内側からのケアを行うことも大切になります。また、皮膚が乾燥することは比較的繰り返し発生することでもありますので、日頃からその予防に配慮して、未然に防ぐ方法などを生活の一部として取り入れることが有効な対策になります。

まずは40代に相応しいスキンケアを心掛けることが必要ですが、その場合では「ワセリン」や「尿素」「ヘパリン類似物質」などの成分に着目してスキンケア製品を揃え、成分の効果に合致した適切なケアが決め手になります。一方、食事面から必要な栄養素をきちんと摂取することも重要な予防策になります。

その効果的な栄養素の一つは「たんぱく質」です。これは肌の角質層の材料でもありますので特に重要になります。その他、角質層において水分を保つ役割がある「セラミド」や、新陳代謝を始め、潤いの保持や炎症の抑制効果から抗酸化作用に貢献する「ビタミンA、C、E、B」などの各種ビタミンが有効な栄養成分になります。

そして「リノレン酸」や「亜鉛」も大切であり、特に「亜鉛」は傷付いた細胞を修復する際の要になる成分でもありますので、乾燥して傷んだ肌の修復とその予防には欠かせない存在です。また、便秘は皮膚のトラブルにも大敵でありますので、食物繊維やビフィズス菌などを摂取して腸内を良好に保つことは、40代乾燥肌の対策や、未然に防ぐ方法などにもなります。

2-0009-0050

解消法 グッズで足むくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

仕事柄一日中立ち続けている人や、デスクワークでほぼ椅子に腰掛けたままで仕事を行う人などにとりまして、足むくみは悩みの種に...

2-0053-0198

解消法 産後の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につい...

女性にとって大仕事である出産。出産はとても大変です。妊娠中から色々体調管理も大変ですし、出産後も元の体に戻るまで時間がか...

2-0317-0225

解消法 授乳中の頭痛を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

出産は女性にとってとても負担がかかる大変な事です。その為、出産後の女性の体は大変疲れた状態になっています。授乳をするだけ...

2-0255-0080

解消法 テニスボールで肩こりを簡単に解消する対処方法や対策・...

日常生活を送っていると様々なストレスにさらされます。本人は意識をしていないが、いつの間にか緊張状態にあったり、多くのプレ...

SONY DSC

解消法 授乳期の便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

授乳期は便秘で悩む人が増えます。それまでは快便で過ごしていた人も例外ではありません。元々便秘で悩んでいた人はそれほど体の...

2-0488-0077

捻挫の癖を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

捻挫の癖というのは何度も同じ場所を捻挫してしまうことをいいます。捻挫というのは関節に無理な力がかかってしまうことで骨と骨...

Furious businesswoman gesturing against speech bubbles with app icons

解消法 急なイライラを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

日常生活では、ストレスが溜まるもので、いつも気分よく、お花畑の中で何不自由なく幸せいっぱいに過ごすことは、残念ながらでき...

Close up mid section of businesswoman suffering from neck ache in office

解消法 首の痛みを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

人の体は他の動物とはいろいろな面で異なります。まずは二足歩行を日常的に行うことがあります。それによって頭が一番上にあり、...

BLD004755

解消法 髭剃りで肌荒れを解消する対処方法や対策・原因・特徴に...

男性ならば誰でも髭がはえます。髭の濃さは個人さがあるので、ほとんど気にならない程度の人もいれば濃いタイプの人もいます。濃...

2-0192-0189

解消法 黒ずみを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

昔の子供といえば外を駆けずり回って遊んでいたといわれています。今の子供はどうかですが、いろいろな事情があってなかなか遊べ...

2-0065-0227

解消法 春の眠気を解...

春眠暁を覚えずとの故事があります。これは春は非常に心地が...

2-0244-0059

解消法 しわ・たるみ...

年齢と共に増加してしまう”しわ・たるみ”。顔だけではなく...