解消法 二日酔いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

解消法 二日酔いを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

お酒が好きな人であれば毎日のようにお酒を飲んでいるかもしれません。その中でもお酒を飲める機会は特に飲むようになります。年末年始は忘年会、正月、新年会と行事が続きます。その後しばらくありませんが春にはお花見があり、年度の終わりから初めにかけては送別会、歓迎会が…

二日酔いとは

お酒が好きな人であれば毎日のようにお酒を飲んでいるかもしれません。その中でもお酒を飲める機会は特に飲むようになります。年末年始は忘年会、正月、新年会と行事が続きます。その後しばらくありませんが春にはお花見があり、年度の終わりから初めにかけては送別会、歓迎会があります。行事ではありませんが夏頃になるとビアガーデンがオープンしだしてビールを飲めるところが多くなります。

そしてまた年末に向かっていきます。お酒に関しては体にとっては毒とされています。酒は百薬の長と言われていますから薬と言われているとされていますが、お酒に含まれているアセトアルデヒドは毒です。一応人はこのアセトアルデヒドを分解して無毒化する機能があります。

そのために適度に飲む分には毒の影響を防ぐ事ができます。毒がないのであればその他のいい面のみを取り入れることができるので、薬のように飲むことができるとされます。しかしいくら飲んでも無毒化できるわけではありません。人が無毒化できる量はある程度決められているとされます。

日本人は世界の人種に比べるとあまりその力がないとされ、日本人の中でもその力が強い人と弱い人がいるそうです。強い人の場合はそれなりの量でも何とか対応することができますが、弱い人だと少しでも顔が赤くなります。二日酔いはお酒を飲み過ぎて毒が無毒化されずに次の日に体に毒が回っている状態とされます。ですから飲み過ぎるとでてしまうことがあります。

二日酔いの特徴(症状)や原因

二日酔いの特徴としてはお酒を飲んだ翌日の朝から頭痛などが起きます。本来なら睡眠を取ることで次の日は快調に起きることができるのが一般的でしょう。しかしそのような状態とは程遠い状態で起きるのが非常に辛い状態になります。症状としては頭痛がメインで、吐き気などを伴うことがあります。そのためにそのまま日常生活を行うのは困難かもしれません。

この状態に関しては特に病気ではありませんから病院で治療するなどの必要はないとされます。お酒の飲み過ぎで倒れる急性アルコール中毒とは異なります。なんとか自分の足で自宅などに帰って次の日に起きることが出来れば、とりあえずは命に別状はない状態になります。ただし慣れがあります。

若い人だとあまり経験がないのでとてもこの状態で仕事などはできないとしますが、ある程度の年齢になるとしばしばこのような飲み方をするので次の日にお酒が残ることがあります。人によっては二日酔いの状態で仕事をすることもあります。言葉が少しおかしかったり、判断などがおかしい場合はそのような状態かも知れません。

原因はまずはお酒になります。人によって異なりますが、その人のアルコールの処理能力を超える量を飲んでしまったために起こります。体のほうで毒であるアセトアルデヒドの処理ができないまま翌日にのこっているためです。ですから日常生活をする中で徐々にそれらの処理が行われていけば症状としても軽くなってきます。午後からすっきりすることもあります。

二日酔いの対策

二日酔いの対策としては、まずは自分のお酒の許容量を知ることです。それ以前には一日に摂取するお酒の量の基準も知っておきます。ビールであれば缶1本であったり日本酒では1合など決して多い量ではありません。それくらいが体にとって適切な量とされます。ビールを2本飲んだかからすぐに体に影響があるわけではないですが、日頃からあまり飲み過ぎないようにすることも必要です。

更には飲んでいる状況を把握することです。お酒を飲むと酔います。酔うと思考能力が低下してきて正しい判断がつきにくくなります。もうお酒を飲んではいけない量になっているのにまだまだ飲んでしまうことがあります。そうなると次の日に影響します。

どれ位酔っているのかがわからないのに飲むようなことをしてはいけません。酔っている時に止めてくれる仲間がいることも必要です。酔うと自分では判断がつけることが難しくなりますから、それに対して仲間が止めるような人かです。どんどん飲めと言うような仲間だと次の日に影響しやすくなります。

適度な量にしておくようにと行ってくれるような人であれば酔う前に止めてくれるので問題も少なくなります。その日に一定量を飲まなくてはいけない場合においては飲む前に一定の対処をすると良いことがあります。それは何らかの食事をしたりすることです。よく言われるのは牛乳を飲むと良いなどです。タンパク質を入れておくことで、お酒の影響を少しでも少なくできるようです。

二日酔いの解消方法

二日酔いになってしまった時の解消方法としてはとにかく水を飲むようにします。前日からのお酒の量に対して水分が少ない状態になっています。お酒は利尿作用が強いため体内からどんどん水分を奪います。すると余計にお酒の処理ができなくなります。朝起きて頭がいたいと感じたらとにかく水をどんどん飲むようにします。

本来であれば前日から飲んでおくと良いとされますが、酔っているとそのこともわからないでしょう。水分に関して吸収しやすいものがいいので、体温に近いぬるめの水を使うようにするといいようです。冷たい水だと体を冷やしてしまうことがあります。あまり飲み過ぎるとよくありません。水分の他に摂取したいものとしては塩分になります。

こちらも体内からどんどん奪われて体に影響します。良いものとしてはスポーツドリンクがあります。そのものだと甘みが強くなるので、スポーツドリンクを数倍に薄めて飲むようにすると適度にミネラルも取れて水分も取ることができるようになります。味噌汁なども良いと言われますが症状によります。

あまりしんどさがあって吐き気がする時に味噌汁を飲んでも出してしまっては意味がありません。水をある程度飲んで落ち着いてきた時、少しお腹が空いたぐらいの気持ちになった時であれば味噌汁などで栄養分を補給するのがいいでしょう。お茶などはカフェインがありお酒同様に利尿作用がありますから避けるようにします。コーヒーなどもあまり良くありません。

二日酔いのまとめ(未然に防ぐ方法など)

二日酔いを未然に防ぐ方法としては水をのむことがあります。まずお酒を飲む席においてはそのお店で水が注文できることを確認しておきます。飲み物として烏龍茶などがありお酒の代わりに飲む人がいます。お酒を飲めない人が烏龍茶を飲むのは良いですがお酒を飲む人はあまり烏龍茶を飲んではいけません。ともに利尿作用があります。

ミネラルウォーターなどの水を飲みます。お酒を飲んだ席において、その会が終わる少し前からはお酒を辞めて水を飲むようにします。お酒の量がコップ1杯ならその倍のコップ2杯です。飲んだお酒の倍の水を飲むようにします。お酒は利尿作用があるので水分が非常に低下します。

お酒の分解においては水分も必要ですが十分な水分が得られない、出てしまうことがあります。それによって二日酔いになることがあります。お酒の席の段階で十分に水を飲んでおけば利尿作用で出たとしても補給がされているのでそれを使ってお酒の処理がされます。どうしても二日酔いをしてはいけない場合においては起きておくことによって未然に防ぐことができます。

お酒を無毒化する処理が体の中で行われます。これは主に起きている時に行われます。寝てしまうとその処理が中断されてしまいます。少ない量なら飲んでいる段階で処理も終わっていますが、少し多めに飲んでほろよい状態ならお酒が残っています。そのまま寝ると次の日に影響します。起き続ければ起きているだけ処理を進めることができます。

G

解消法 寝るときの鼻づまりを解消する対処方法や対策・原因・特...

寝ている時に鼻づまりを感じた事はありませんか。寝ていても息苦しくなってしまって起きてしまったり、いびきをかいてしまった経...

2-0350-0332

解消法 二重あごを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

なんとなく鏡を見ていると、二重あごになってしまっているような気がするという人も多いのではないでしょうか。二重あごは、脂肪...

Young woman touching her boyfriends nose at home in the bathroom

解消法 彼氏に執着しない為の悩みを解消する対処方法や対策・原...

現代の恋愛事情は複雑になっているのだそうで、肉食な女子もいれば化石女子もいますし草食男子や女子系男子など色々なタイプがい...

2-0293-0161

解消法 詰まりリンパを解消する対処方法や対策・原因・特徴につ...

血液が体の全身に巡っている様に、リンパも体の中を巡って流れています。その巡りは血管とはまた異なるリンパ管などを通って体の...

Woman getting reflexology thai massage with roller massage tool

解消法 アイテムでむくみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

むくみとは、医学的には「浮腫」と呼ぶものでして、血管やリンパ管から水分がはみ出し、皮膚の下にたまってしまった状態の事を言...

Insomnia

解消法 不眠症を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

不眠症とは、床に付いてからも、一時間から2時間が経っても寝付けないなどの入眠障害が見られることがあります。すぐに寝付くこ...

2-0265-0103

解消法 マッサージで便秘を解消する対処方法や対策・原因・特徴...

今の日本の飽食の時代では、どうしても胃腸に負担がきてしまいますが、例えば仕事で職場で働いていると、当然昼食の時間がありま...

Customers cleansing their foot at nail salon

解消法 足の汗を解消する対処方法や対策・原因・特徴について

汗をかく目的にはいくつかあります。一般的に肌に流れている汗は体温を調節する目的とされています。体においては一定温度を超え...

2-0200-0232

解消法 上まぶたのたるみを解消する対処方法や対策・原因・特徴...

人の顔においてはどのようになるかで印象が異なることがあります。最近であれば顔が小さくて目がぱっちり、鼻は小さめ、口も小さ...

2-0464-0005

顔のほてりを解消する対処方法や対策・原因・特徴について

顔のほてりとは、顔や身体が熱っぽくなったり赤く紅潮した状態のことをいいます。ほてりを感じるときは顔や手足などの部分的や全...

2-0225-0007

解消法 40代の乾燥...

健康な肌では滑らかさとハリがあり、適度な弾力を備えていま...

2-0035-0162

解消法 脚のむくみを...

脚がむくんでしまって困っている人はいませんか。夕方になる...